徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [曽我部 公子]/[安倍 正博]/[中村 信元]/古川 貴大/藤野 ひかる/丸橋 朋子/[藤井 志朗]/[三木 浩和]/[賀川 久美子]/長樂 雅仁/自家末梢血幹細胞移植後発症の特発性血小板減少性紫斑病に対する治療中に併発したテント下限局の進行性多巣性白質脳症/[日本内科学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
368365
EOID
986611
Map
0
LastModified
2020年8月18日(火) 13:55:53
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中村 信元
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 曽我部 公子([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Furukawa Takahiro / (日) 古川 貴大
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Fujino Hikaru / (日) 藤野 ひかる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Maruhashi Tomoko / (日) 丸橋 朋子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 藤井 志朗([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 三木 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 賀川 久美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Choraku Masahito / (日) 長樂 雅仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Infratentorial progressive multifocal leukoencephalopathy under treatment for idiopathic thrombocytopenic purpura after autologous peripheral blood stem cell transplantation

(日) 自家末梢血幹細胞移植後発症の特発性血小板減少性紫斑病に対する治療中に併発したテント下限局の進行性多巣性白質脳症

副題 任意
要約 任意

(日) 71歳男.3年前に血管内大細胞型B細胞性リンパ腫(IVLBCL)に対して自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法を施行された.1年前に特発性血小板減少性紫斑病を発症し,リツキシマブとプレドニゾロン(PSL)で加療されていた.今回,亜急性に進行する小脳失調が出現し,入院となった.鑑別疾患として多発性硬化症や急性散在性脳脊髄炎,自己免疫疾患,サルコイドーシスなどが考えられた.IVLBCLの既往があるため,その再発も疑われたが,HBVの再活性化を認め,強い免疫抑制状態であると考えて進行性多巣性白質脳症(PML)を鑑別に挙げ,脳脊髄液検査でJCV-DNAが検出されたためPMLと判断した.PSLを中止し,メフロキン,ミルタザピン,シタラビンを投与したが,神経症状は悪化し,入院51日目に誤嚥性肺炎で死亡した.剖検で小脳・橋・延髄にJCV感染細胞を認め,テント下限局のPMLと診断した.

キーワード 推奨
  1. (日) Cyclophosphamide(毒性・副作用,治療的利用)
  2. (日) Doxorubicin(毒性・副作用,治療的利用)
  3. (英) Prednisolone / (日) Prednisolone(毒性・副作用,治療的利用)
  4. (日) Doxorubicin(毒性・副作用,治療的利用)
  5. (日) ウイルス調節タンパク質とアクセサリータンパク質
  6. (日) 自家移植(有害作用)
  7. (日) 運動失調症-小脳性(病因)
  8. (日) 腫瘍多剤併用療法(有害作用)
  9. MRI(MRI)
  10. (日) 白質脳症-進行性多巣性(病因,画像診断,病理学)
  11. 免疫組織化学(immunohistochemistry)
  12. (日) リンパ腫-びまん性大細胞型B細胞性(薬物療法,治療)
  13. (日) 血管腫瘍(薬物療法,治療)
  14. (日) 紫斑病-特発性血小板減少性(病因,薬物療法)
  15. (日) 致死的転帰
  16. (日) Rituximab(毒性・副作用,治療的利用)
  17. (日) Capsid Proteins
  18. (日) 剖検
  19. (日) 末梢血幹細胞移植(有害作用)
  20. (日) Agnoprotein
  21. (日) CHOP Protocol(毒性・副作用)
  22. (日) ポリオーマウイルスVP1タンパク質
  23. (日) リンパ腫-血管内(薬物療法,治療)
  24. (日) ロタウイルスVP2タンパク質
  25. ヒト(Homo sapiens)
  26. (日) 高齢者(65∼79)
  27. 男性(male)
発行所 推奨 社団法人 日本内科学会
誌名 必須 日本内科学会雑誌([社団法人 日本内科学会])
(pISSN: 0021-5384, eISSN: 1883-2083)
ISSN 任意 0021-5384
ISSN: 0021-5384 (pISSN: 0021-5384, eISSN: 1883-2083)
Title: Nihon Naika Gakkai zasshi. The Journal of the Japanese Society of Internal Medicine
Title(ISO): Nihon Naika Gakkai Zasshi
Supplier: 一般社団法人 日本内科学会
Publisher: Japanese Society of Internal Medicine/Nihon Naika Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 106
必須 12
必須 2595 2600
都市 任意
年月日 必須 2017年 12月 初日
URL 任意 http://search.jamas.or.jp/link/ui/2018106221
DOI 任意 10.2169/naika.106.2595    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130007528578
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %M: 2018106221

  2. (英) ISBN/ISSN: 0021-5384 (Print)

  3. (英) ISBN/ISSN: 1883-2083 (Electronic)

  4. (英) %D: 2017

  5. (日) %9: 原著論文/症例報告