徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 十川 悠香/[吉岡 昌美]/[福井 誠]/[中村 信元]/[安倍 正博]/[日野出 大輔]/自家末梢血幹細胞移植患者の口腔粘膜炎に対する専門的口腔衛生管理の効果/[口腔衛生学会雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
368358
EOID
986569
Map
0
LastModified
2020年8月18日(火) 11:45:09
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中村 信元
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須
言語 必須
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) SOGAWA Yuka / (日) 十川 悠香
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 十川 悠香 ([徳島大学.病院.診療支援部])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《十川 悠香 (Sogawa Yuka) @ 口腔科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2016年4月〜》
    《十川 悠香 (Sogawa Yuka) @ 口腔科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2011年4月〜2014年2月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. 吉岡 昌美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 福井 誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 日野出 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健衛生学]/[徳島大学.歯学部.口腔保健学科.口腔保健基礎学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effectiveness of Professional Oral Health Management Against Oral Mucositis in Patients Undergoing Autologous Hematopoietic Stem Cell Transplantation

(日) 自家末梢血幹細胞移植患者の口腔粘膜炎に対する専門的口腔衛生管理の効果

副題 任意
要約 任意

(英) <p> Severe oral mucositis (OM) can develop in patients with blood cancer undergoing chemotherapy, and it sometimes causes serious infection in addition to pain, thereby affecting the patient's quality of life. The aim of this study was to investigate the preventive effect of professional oral health management (POHM) against OM in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantation.</p><p> Thirty-three patients who were diagnosed with multiple myeloma or malignant lymphoma and received autologous hematopoietic stem cell transplantation at Tokushima University Hospital from November 2004 to June 2013 were enrolled in this study. The subjects were divided into two groups: before establishment of the POHM system for patients with blood cancer; and after establishment of the POHM system. The grade of OM (NCI-CTCAE version 3), duration of fever, clinical parameters, and prescription days of gargle or druguse in each patient were investigated.</p><p> There were positive correlations between the duration of Grade 2 or 3 OM and the days of fever over 37.5°C, prescription days of gargleuse including local anesthetic components, or those of analgesic druguse. The days of Grade 3 OM in the group after establishment of the POHM system decreased significantly compared with those in the group before its establishment.</p><p> These results suggest that the duration of severe OM is associated with the days of fever and prescription days of druguse. Furthermore, POHM might be effective for the prevention of severe OM in patients undergoing autologous hematopoietic stem cell transplantaton.</p>

(日) 血液がん患者のがん化学療法においてみられる重症口腔粘膜炎は,疼痛に加えてしばしば重篤な感染症を引き起こし,QOLの低下を招くことがある.本研究では,自家末梢血幹細胞移植患者に焦点を当て,歯科専門職による口腔衛生管理(以下,専門的口腔衛生管理)の体制を確立したことによる口腔粘膜炎の低減効果を検討することを目的とした.平成16年11月∼平成25年6月までの期間に,徳島大学病院にて多発性骨髄腫または悪性リンパ腫と診断されて自家末梢血幹細胞移植を受けた患者33名を対象とした.対象患者は専門的口腔衛生管理体制の確立前と確立後で2群に分けた.また,口腔粘膜炎の程度(NCI-CTCAE version 3)と発熱日数,臨床検査所見,含嗽剤および薬剤処方日数を調査した.その結果,口腔粘膜炎のGrade 2またはGrade 3の日数は,発熱日数,局所麻酔薬含有含嗽剤処方日数および鎮痛薬処方日数との間に有意な正の相関を認めた.また,専門的口腔衛生管理体制確立後に自己末梢血幹細胞移植を行ったグループの口腔粘膜炎Grade 3発症日数は,専門的口腔衛生管理体制確立前のグループと比較して,有意に短いことがわかった.自家末梢血幹細胞移植における重症口腔粘膜炎の発現は発熱日数や薬剤処方日数と関連し,専門的口腔衛生管理体制の確立が重篤な口腔粘膜炎の発現抑制につながる可能性が示唆された.(著者抄録)

キーワード 推奨
  1. (英) Lidocaine / (日) Lidocaine(治療的利用)
  2. (日) 自家移植(有害作用)
  3. (日) 洗口剤(治療的利用)
  4. (日) 口内炎(病因,予防)
  5. (日) 骨髄腫-多発性(治療,予後)
  6. (日) 薬剤処方
  7. (日) 鎮痛剤(治療的利用)
  8. (日) 発熱(病因,予防)
  9. (日) リンパ腫(治療,予後)
  10. (日) 歯科予防処置
  11. (日) 末梢血幹細胞移植(有害作用)
  12. 口腔ケア(oral care)
  13. (日) 患者重症度
  14. ヒト(Homo sapiens)
  15. (日) 中年(45∼64)
  16. 男性(male)
  17. 女性(female)
  18. (日) 歯学
発行所 推奨 (英) Japanese Society for Oral Health / (日) (一社)日本口腔衛生学会
データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
[組織] 日本障害者歯科学会
誌名 必須 口腔衛生学会雑誌([日本口腔衛生学会])
(pISSN: 0023-2831)
ISSN 任意 0023-2831
ISSN: 0023-2831 (pISSN: 0023-2831)
Title: Koku Eisei Gakkai zasshi
Title(ISO): Koku Eisei Gakkai Zasshi
Supplier: 有限責任中間法人日本口腔衛生学会
Publisher: Japanese Society for Dental Health
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 69
必須 3
必須 125 130
都市 任意
年月日 必須 2019年 7月 初日
URL 任意 http://search.jamas.or.jp/link/ui/2019336074
DOI 任意 10.5834/jdh.69.3_125    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130007689482
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %M: 2019336074

  2. (英) ISBN/ISSN: 0023-2831 (Print)

  3. (英) %D: 2019

  4. (日) %9: 原著論文