徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [玉置 康晃]/[後東 知宏]/[高砂 智哉]/[和田 佳三]/[浜田 大輔]/[西良 浩一]/Proximal Femoral Rotational Osteotomy for Symptomatic Femoral Retroversion : A Case Report/[The Journal of Medical Investigation : JMI]/[後東 知宏]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
366868
EOID
1011615
Map
0
LastModified
2021年8月4日(水) 16:06:37
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
和田 佳三
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 学内共著(徳島大学内研究者との共同研究 (学外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
著者 必須
  1. 玉置 康晃([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 後東 知宏([徳島大学.病院.中央診療施設等.クリニカルアナトミー教育・研究センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 高砂 智哉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 和田 佳三([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 浜田 大輔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Proximal Femoral Rotational Osteotomy for Symptomatic Femoral Retroversion : A Case Report

副題 任意
要約 任意

(英) The Rotational osteotomy for femoral retroversion has been extremely rare despite the known association between femoral neck retroversion, hip pain, and osteoarthritis. Here, we describe a case of femoral neck retroversion for which proximal femoral rotation osteotomy. A 16-year-old boy with a past history of developmental dysplasia of the both hip treated conservatively presented with a complaint of pain in left hips. On physical examination, flexion of the left hip was limited to 90° with terminal pain. Internal rotation was also limited to 10°. Computed tomography (CT) showed -7.1° anteversion of the left femur. We performed rotational osteotomy to increase femoral anteversion because conservative treatment was not effective. The postoperative course was uneventful. At 12 postoperative months, his left hip pain was completely disappeared and femoral anteversion was 34° on CT scans. Retroversion of the femur is a distinct dynamic factor that should be considered in the evaluation of mechanical causes of hip pain. Restoring the normal rotational alignment of the hip resulted in cure of the impingement due to femoral retroversion. J. Med. Invest. 67 : 214-216, February, 2020.

キーワード 推奨
  1. (英) femoral neck retroversion
  2. (英) impingement
  3. (英) retroversion
  4. (英) rotational osteotomy
発行所 推奨 徳島大学
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 67
必須 1.2
必須 214 216
都市 任意
年月日 必須 2020年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.67.214    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32378613    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85084234982
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
  1. 後東 知宏([徳島大学.病院.中央診療施設等.クリニカルアナトミー教育・研究センター])
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.67.214

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: femoral neck retroversion

  4. (英) KeywordList.Keyword: impingement

  5. (英) KeywordList.Keyword: retroversion

  6. (英) KeywordList.Keyword: rotational osteotomy