徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [伊藤 伸一]/[伊藤 桃代]/[福見 稔]/近赤外分光法を用いた聴取継続希望時における脳活動の個人差/[International Journal of Advanced Science and Technology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
366168
EOID
982637
Map
0
LastModified
2020年7月21日(火) 19:27:33
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
伊藤 伸一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 伊藤 伸一([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.知能情報コース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 伊藤 桃代([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.知能情報コース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 福見 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.知能情報コース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Individual Differences in Brain Activities When Human Wishes to Listen to Music Continuously Using Near-Infrared Spectroscopy

(日) 近赤外分光法を用いた聴取継続希望時における脳活動の個人差

副題 任意
要約 任意

(英) This paper introduces an individual difference in the activities of the prefrontal cortex when a person wants to listen to music using near-infrared spectroscopy. The individual differences are confirmed by visualizing the variation in oxygenated hemoglobin level. The sensing positions used to record the brain activities are around the prefrontal cortex. The existence of individual differences was verified by experiments. The experiment results show that active positions while feeling a wish to listen to music are different in each subject, and an oxygenated hemoglobin level is different in each subject compared to its value when a subject does not feel the wish to listen to music. The experiment results show that it is possible to detect a wish to listen to the music based on changes in the oxygenated hemoglobin level. Also, these results suggest that active positions are different in each subject because the sensitivities and how to feel on stimulus are different. Lastly, the results suggest that it is possible to express the individual differences as differences in active positions.

キーワード 推奨
  1. (英) Individual difference / (日) 個人差 / (読) こじんさ
  2. 近赤外分光法(near infrared spectroscopy)
  3. (英) wish to listen to music / (日) 聴取希望 / (読) ちょうしゅきぼう
  4. (英) prefrontal cortex activity / (日) 前頭前皮質活動 / (読) ぜんとうぜんひしつかつどう
  5. (英) music therapy / (日) 音楽療法 / (読) おんがくりょうほう
発行所 推奨
誌名 必須 International Journal of Advanced Science and Technology(NADIA)
(pISSN: 2005-4238, eISSN: 2207-6360)
ISSN 任意 2005-4238
ISSN: 2005-4238 (pISSN: 2005-4238, eISSN: 2207-6360)
Title: International Journal of Advanced Science and Technology
Publisher: Science and Engineering Research Support Society
 (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 29
必須 6
必須 807 813
都市 任意
年月日 必須 2020年 4月 11日
URL 任意
DOI 任意
PMID 任意
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85083553004
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意