徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 谷上 裕紀/田上 拓磨/坂本 茉優/[荒川 幸弘]/[水口 仁志]/[今田 泰嗣]/[髙栁 俊夫]/Determination of acid dissociation constants of flavin analogues by capillary zone electrophoresis/[Electrophoresis]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
365574
EOID
984103
Map
0
LastModified
2020年8月4日(火) 08:10:38
Operator
髙栁 俊夫
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
髙栁 俊夫
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Tanikami Yuki / (日) 谷上 裕紀 / (読) たにかみ ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Tagami Takuma / (日) 田上 拓磨 / (読) たがみ たくま
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Sakamoto Mayu / (日) 坂本 茉優 / (読) さかもと まゆ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 荒川 幸弘([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 水口 仁志([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 今田 泰嗣([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質合成化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質合成化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 髙栁 俊夫([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Determination of acid dissociation constants of flavin analogues by capillary zone electrophoresis

副題 任意
要約 任意

(英) Acid dissociation constants (pK ) of nine kinds of flavin analogues as molecular catalyst candidates were determined by CZE. Although some of the analogues are instable and degradable under the light exposure or in alkaline aqueous solutions, the effective electrophoretic mobility of the flavin analogue of interest has been measured with the residual substance. The pK values of the flavin analogues were analyzed through the changes in the effective electrophoretic mobility with varying pH of the separation buffer. One or two steps pK values were determined by the analysis. One of the degraded species from the flavin analogues, lumichrome, was also detected in the CZE analysis, and its pK values were also determined. While coexisting impurities generated over the storage conditions were found in some analogues, the pK values of the target analogues were successfully determined with the help of the CZE separations. A pressure-assisted CZE was utilized for the determination or the estimation of the pK values of such analogues as possessing carboxylic acid moiety.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Electrophoresis(Electrophoresis Society)
(pISSN: 0173-0835, eISSN: 1522-2683)
ISSN 任意 1522-2683
ISSN: 0173-0835 (pISSN: 0173-0835, eISSN: 1522-2683)
Title: Electrophoresis
Title(ISO): Electrophoresis
Publisher: Wiley
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 41
必須 15
必須 1316 1325
都市 任意
年月日 必須 2020年 8月 3日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/elps.202000066    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32386342    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1002/elps.202000066

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: acid dissociation constant

  4. (英) KeywordList.Keyword: capillary zone electrophoresis

  5. (英) KeywordList.Keyword: flavin analogues

  6. (英) KeywordList.Keyword: instable substances