徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 戸村 美紀/[松田 和徳]/[東 貴弘]/[合田 正和]/[遠藤 亜紀]/[阿部 晃治]/[武田 憲昭]/耳前部に巨大な腫瘤を形成した木村病例/[耳鼻咽喉科臨床]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
365520
EOID
1042786
Map
0
LastModified
2022年5月5日(木) 21:21:55
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
武田 憲昭
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Tomura Miki / (日) 戸村 美紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 松田 和徳
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 東 貴弘([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.耳鼻咽喉科・頭頸部外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 合田 正和
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 遠藤 亜紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 阿部 晃治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 武田 憲昭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A Case of Kimura Disease with a Bulky Preauricular Mass

(日) 耳前部に巨大な腫瘤を形成した木村病例

副題 任意
要約 任意

(英) <p>Kimura disease, or eosinophilic granuloma of the soft tissue, is a chronic inflammatory granuloma arising from the subcutaneous soft tissues or lymph nodes of the head and neck. We report the case of a 51-year-old male patient with Kimura disease who presented with a bulky left preauricular mass. The peripheral blood eosinophil count and serum levels of IgE and antibodies against candida antigens were elevated. Contrast-enhanced MRI revealed involvement of the parotid gland, and the patient was treated by resection of the bulky mass and of the superficial lobe of the parotid gland. Histopathological examination of the resected specimen showed proliferation of the lymphoid follicles with marked eosinophilic infiltration in the lesion, and we made the diagnosis of Kimura disease. After the surgery, the peripheral blood eosinophil count as well as the serum levels of IgE and antibodies against candida antigens decreased, with no evidence of relapse for at least three years after the surgery. Our findings suggest that type I allergy to <i>Candida albicans</i> plays an important role in the development of Kimura disease. </p>

キーワード 推奨
発行所 推奨 耳鼻咽喉科臨床学会
誌名 必須 耳鼻咽喉科臨床([耳鼻咽喉科臨床学会])
(pISSN: 0032-6313, eISSN: 1884-4545)
ISSN 任意 0032-6313
ISSN: 0032-6313 (pISSN: 0032-6313, eISSN: 1884-4545)
Title: 耳鼻咽喉科臨床
Supplier: 耳鼻咽喉科臨床学会
Publisher: Kyoto Daigaku
 (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 112
必須 10
必須 663 669
都市 任意
年月日 必須 2019年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.5631/jibirin.112.663    (→Scopusで検索)
PMID 任意
CRID 任意 1390001277363934080
NAID 130007722055
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85078630017
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意