徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: ASHTAR MOHANNAD/[天眞 寛文]/[寺町 順平]/Ariunzaya Bat-Erdene/[日浅 雅博]/Oda Asuka/[谷本 幸多朗]/[清水 宗]/比嘉 佳基/[原田 武志]/[大浦 雅博]/[曽我部 公子]/[中村 信元]/[藤井 志朗]/[住谷 龍平]/[三木 浩和]/宇髙 憲吾/Takahashi Mamiko/[賀川 久美子]/[遠藤 逸朗]/[田中 栄二]/[松本 俊夫]/[安倍 正博]/The Roles of ROS Generation in RANKL-Induced Osteoclastogenesis: Suppressive Effects of Febuxostat./[Cancers]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
365352
EOID
994106
Map
0
LastModified
2020年10月20日(火) 09:16:49
Operator
田中 栄二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
天眞 寛文
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士後期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学(2015年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Ashtar Mohannad / (日) ASHTAR MOHANNAD / (読) あしてる もはなっど
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 天眞 寛文([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 寺町 順平
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Bat-Erdene Ariunzaya / (日) Ariunzaya Bat-Erdene / (読) ありうんざや ばっと えるでね
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 日浅 雅博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Oda Asuka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 谷本 幸多朗([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 清水 宗([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. (英) Higa Yoshiki / (日) 比嘉 佳基 / (読) ひが よしき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  10. 原田 武志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 大浦 雅博([徳島大学.病院.中央診療施設等.徳島県地域医療支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 曽我部 公子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 藤井 志朗([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 住谷 龍平([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 三木 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Udaka Kengo / (日) 宇髙 憲吾 / (読) うだか けんご
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  18. (英) Takahashi Mamiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. 賀川 久美子([徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  22. 松本 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The Roles of ROS Generation in RANKL-Induced Osteoclastogenesis: Suppressive Effects of Febuxostat.

副題 任意
要約 任意

(英) Receptor activator of NF-κB ligand (RANKL), a critical mediator of osteoclastogenesis, is upregulated in multiple myeloma (MM). The xanthine oxidase inhibitor febuxostat, clinically used for prevention of tumor lysis syndrome, has been demonstrated to effectively inhibit not only the generation of uric acid but also the formation of reactive oxygen species (ROS). ROS has been demonstrated to mediate RANKL-mediated osteoclastogenesis. In the present study, we therefore explored the role of cancer-treatment-induced ROS in RANKL-mediated osteoclastogenesis and the suppressive effects of febuxostat on ROS generation and osteoclastogenesis. RANKL dose-dependently induced ROS production in RAW264.7 preosteoclastic cells; however, febuxostat inhibited the RANKL-induced ROS production and osteoclast (OC) formation. Interestingly, doxorubicin (Dox) further enhanced RANKL-induced osteoclastogenesis through upregulation of ROS production, which was mostly abolished by addition of febuxostat. Febuxostat also inhibited osteoclastogenesis enhanced in cocultures of bone marrow cells with MM cells. Importantly, febuxostat rather suppressed MM cell viability and did not compromise Dox's anti-MM activity. In addition, febuxostat was able to alleviate pathological osteoclastic activity and bone loss in ovariectomized mice. Collectively, these results suggest that excessive ROS production by aberrant RANKL overexpression and/or anticancer treatment disadvantageously impacts bone, and that febuxostat can prevent the ROS-mediated osteoclastic bone damage.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Cancers(Basel)
(eISSN: 2072-6694)
ISSN 任意 2072-6694
ISSN: 2072-6694 (eISSN: 2072-6694)
Title: Cancers
Title(ISO): Cancers (Basel)
Publisher: Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI)
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 12
必須 4
必須
都市 任意
年月日 必須 2020年 4月 9日
URL 任意
DOI 任意 10.3390/cancers12040929    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32283857    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: E929

  2. (英) Article.ELocationID: 10.3390/cancers12040929

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) KeywordList.Keyword: RANKL

  5. (英) KeywordList.Keyword: ROS

  6. (英) KeywordList.Keyword: doxorubicin

  7. (英) KeywordList.Keyword: multiple myeloma

  8. (英) KeywordList.Keyword: osteoclastogenesis

  9. (英) KeywordList.Keyword: ovariectomy