徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Kondo T./Kaneda H./Ishihara D./[大薮 進喜]/Yamagishi M./Onaka T./Large-scale extraplanar PAH emission in the Galactic center region found by AKARI mid-infrared all-sky survey/Proceedings of The Life Cycle of Dust in the Universe: Observations

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
364305
EOID
994367
Map
0
LastModified
2020年10月27日(火) 15:17:25
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
大薮 進喜
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kondo T.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 近藤 茂忠
    [個人] 近藤 剛史
    [個人] 近藤 正
    [個人] 近藤 俊昭
    [個人] 近藤 健太
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《近藤 里美 (Kondoh Satomi) @ 総合科学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《近藤 聡 (Kondoh Satoshi) @ 薬学部 [学部学生] 2009年4月〜2012年9月》
    《近藤 健太 (Kondo Kenta) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    《近藤 智樹 (Kondoh Tomoki) @ 薬学部 [学部学生] 2009年4月〜2014年3月》
    《近藤 智弥 (Kondou Tomoya) @ 総合科学部 [科目等履修生] 2010年4月〜2011年3月》
    《近藤 健太 (Kondo Kenta) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《近藤 正 (Kondo Tadashi) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《近藤 紘太郎 (Kondoh Kohtaroh) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《近藤 勇人 (Kondoh Yuto) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《近藤 剛史 (Kondo Takeshi) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2008年4月〜2010年3月》
    《近藤 健太 (Kondo Kenta) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    《近藤 剛史 (Kondou Takeshi) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年10月〜2016年3月》
    《近藤 拓磨 (Kondoh Takuma) @ 総合科学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《近藤 智之 (Kondoh Tomoyuki) @ 口腔科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《近藤 恵太 (Kondoh Keita) @ 工学部 [学部学生] 2012年4月〜2016年3月》
    《近藤 崇泰 (Kondou Takayasu) @ 薬科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年9月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Kaneda H.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 兼田 康宏
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《金田 祐一 (Kaneda Yuuichi) @ 総合科学部 [学部学生] 1996年4月〜2004年3月》
    《金田 信也 (Kaneda Shinya) @ 医学研究科.博士課程 [大学院学生] 1999年4月〜2003年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Ishihara D.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 西原 貞光 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.放射線科学系.画像医学・核医学]/[徳島大学.医学部.保健学科.放射線技術科学専攻.診療放射線技術学講座])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《西原 大輔 (Nishihara Daisuke) @ 工学研究科.博士前期課程 [大学院学生] 2005年4月〜2007年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 大薮 進喜([徳島大学.教養教育院])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Yamagishi M.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《山岸 直子 (Yamagishi Naoko) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2013年6月〜2013年7月》
    《山岸 直子 (Yamagishi Naoko) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《山岸 直子 (Yamagishi Naoko) @ 医科学教育部.修士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2008年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Onaka T.
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 本仲 純子
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《弘中 拓斗 (Hironaka Takuto) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2013年3月》
    《大仲 健太 (Onaka Kenta) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2010年4月〜2012年3月》
    《野中 拓 (Nonaka Taku) @ 医学部 [学部学生] 2008年4月〜2014年3月》
    《弘中 拓斗 (Hironaka Takuto) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《大仲 健太 (Onaka Kenta) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    《下中 良太 (Shimonaka Ryota) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2016年3月》
    《野中 健太郎 (Nonaka Kentaro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    《野中 俊宏 (Nonaka Toshihiro) @ 工学研究科.博士後期課程 [大学院学生] 2000年4月〜2007年3月》
    《野中 貴幸 (Nonaka Takayuki) @ 工学部 [学部学生] 2013年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Large-scale extraplanar PAH emission in the Galactic center region found by AKARI mid-infrared all-sky survey

副題 任意
要約 任意

(英) AKARI carried out all-sky surveys at wavelengths of 9, 18, 65, 90, 140 and 160 ? m. Among them, the 9 ? m map can efficiently trace the emission features of polycyclic aromatic hydrocarbons (PAHs). Utilizing this unique all-sky PAH map, we investigate the distribution of the PAH emission for the whole Galactic plane. In particular, the Galactic center regions suffer foreground contamination by the zodiacal light, and therefore we have carefully removed the zodiacal light component by modifying the Kelsall model. As a result, we find that the PAH emission is extended very widely (? 30? ) toward the north direction from the Galactic center region. Since it is known that there are very nearby (?150 pc) Ophiuchus clouds toward similar directions, we subtracted the foreground component associated with these clouds using the HI data. As a result, we confirm that there still remains a significant fraction of the widely-extended PAH emission toward this direction, suggesting that the excess PAH emission originates in the Galactic center region. The spatial distribution resembles that of the Fermi bubbles, well-known gamma-ray structures, which are thought to be created by a past outflow in the Galactic center. Moreover, the PAH/dust ratio is significantly enhanced in the region showing the excess PAH emission. The high PAH/dust ratio is possibly created by shattering of carbonaceous grains in the past outflow from the Galactic center.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of The Life Cycle of Dust in the Universe: Observations
ISSN 任意 1824-8039
ISSN: 1824-8039 (eISSN: 1824-8039)
Title: PoS, proceedings of science
Title(ISO): Pos Proc Sci
Publisher: Sissa Medialab
 (NLM Catalog  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 ---
必須 ---
必須 33 33
都市 任意
年月日 必須 2013年 1月 1日
URL 任意 https://ui.adsabs.harvard.edu/abs/2013lcdu.confE..33K
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85019520263
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) %D: 2013