徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [市原 亜起]/[泰江 章博]/[ミツイ アカギ シルビア ナオミ]/[荒井 大志]/[峯岸 克行]/[親泊 政一]/[井本 逸勢]/[田中 栄二]/The C-terminal region including the MH6 domain of Msx1 regulates skeletal development./[Biochemical and Biophysical Research Communications]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
363575
EOID
994118
Map
0
LastModified
2020年10月20日(火) 10:31:38
Operator
田中 栄二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
  3. 徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域(2016年4月1日〜2020年3月31日)
著者 必須
  1. 市原 亜起([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 泰江 章博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. ミツイ アカギ シルビア ナオミ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 荒井 大志([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 峯岸 克行([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 親泊 政一([徳島大学.先端酵素学研究所.重点研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 井本 逸勢
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The C-terminal region including the MH6 domain of Msx1 regulates skeletal development.

副題 任意
要約 任意

(英) MSX1 is a causative gene for oligodontia in humans. Although conventional Msx1-deficient mice die neonatally, a mutant mouse lacking the C-terminus MH6 domain of MSX1 (Msx1) showed two different phenotypes; newborn homozygotes with cleft palates died neonatally, whereas those with thin palates remained alive and had craniofacial dysplasia and growth retardation compared with wild-type mice, with most mice dying by the age of 4-5 weeks. In a previously reported case of human oligodontia caused by a heterozygous defect of the Msx1 MH6 domain, a small foramen was observed on the occipital bone. The aim of this study was to test the hypothesis that the Msx1 MH6 domain is involved in bone formation in vivo. In Msx1 mice, cranial suture fusion was delayed at embryonic day 18.5, and the anteroposterior cranial diameter was smaller and long bone length was decreased at 3 weeks of age. The femoral epiphysis showed no change in the trabecular number, but decreased bone mass, bone density, and trabecular width in Msx1 mice. In addition, cancellous bone mass was reduced and the cartilage layer in the growth plate was thinner in Msx1 mice. The mRNA expression levels of major osteoblast and chondrocyte differentiation marker genes were decreased in Msx1 mice compared with wild-type mice. These findings suggest that the C-terminal region including the MH6 domain of MSX1 plays important roles not only in tooth development and palatal fusion, but also in postnatal bone formation.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Biochemical and Biophysical Research Communications([Elsevier])
(pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
ISSN 任意 1090-2104
ISSN: 0006-291X (pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
Title: Biochemical and biophysical research communications
Title(ISO): Biochem Biophys Res Commun
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 526
必須 1
必須 62 69
都市 任意
年月日 必須 2020年 5月 21日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.bbrc.2020.03.068    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32192766    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85081698937
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) 3. Ichihara A, Yasue A, Mitsui SN, Arai D, Minegishi Y, Oyadomari S, Imoto I, Tanaka E. The C-terminal region including the MH6 domain of Msx1 regulates skeletal development. BBRC, in press.