徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 博子]/[松木 祐太]/Kajimoto N,/Uyama E,/[堀内 信也]/[関根 一光]/[田中 栄二]/[浜田 賢一]/Effects of water immersion on shear bond strength reduction after current application of resin-modified glass-ionomer-cements containing and not containing an ionic liquid./[Dental Materials Journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
363572
EOID
995944
Map
0
LastModified
2020年11月17日(火) 09:51:09
Operator
田中 栄二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨 博士課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学(2004年4月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
  3. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学(2015年4月1日〜)
著者 必須
  1. 佐藤 博子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.先端歯学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 松木 祐太([徳島大学.口腔科学教育部.口腔科学専攻.口腔健康科学講座.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Kajimoto N,
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Uyama E,
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 関根 一光([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 浜田 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.生体材料工学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effects of water immersion on shear bond strength reduction after current application of resin-modified glass-ionomer-cements containing and not containing an ionic liquid.

副題 任意
要約 任意

(英) The enhancement in the bonding strength of advanced dental cements has enabled long-lasting dental restorations. However, the high bonding strength can cause difficulty in removing these restorations. Therefore, "smart" dental cements with simultaneous strong bonding and easy on-demand debonding ability are required. A resin-modified glass-ionomer-cement (RMGIC) with an ionic liquid (IL) has demonstrated significant reduction in the bonding strength with current application (CA). This research investigates the effect of immersion in distilled water on the electric conductivity and bonding strength of RMGIC with and without an IL and CA. The RMGIC without the IL exhibited significant electric conductivity after immersion, and a significant decrease in bonding strength with CA. In comparison, the electric conductivity after immersion and the decrease in bonding strength with CA were greater for RMGIC with the IL. Thus, the feasibility of smart dental cements capable of electrically debonding-on-demand is indicated.

キーワード 推奨
  1. (英) Electric conductivity
  2. (英) Glass-ionomer-cement
  3. (英) Ionic-liquid
  4. (英) Shear bonding strength
  5. (英) Smart adhesive
発行所 推奨
誌名 必須 Dental Materials Journal([日本歯科理工学会])
(pISSN: 0287-4547, eISSN: 1881-1361)
ISSN 任意 1881-1361
ISSN: 0287-4547 (pISSN: 0287-4547, eISSN: 1881-1361)
Title: Dental materials journal
Title(ISO): Dent Mater J
Supplier: 一般社団法人日本歯科理工学会
Publisher: Nihon Shika Riko Gakkai/Japanese Society for Dental Materials and Devices
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2020年 8月 7日
URL 任意
DOI 任意 10.4012/dmj.2019-371    (→Scopusで検索)
PMID 任意 32779608    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) 1. Sato H, Matsuki Y, Kajimoto N, Uyama E, Horiuchi S, Sekine K, Tanaka E, Hamada K*. Effects of water immersion on shear bond strength reduction after current application of resin-modified glass-ionomer-cements containing and not containing an ionic liquid. Dental Materials Journal, in press.