徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Rumana Hasi Yesmin/宮城 諒/喜田 孝史/[福田 達也]/[小暮 健太朗]/[林 順司]/[川上 竜巳]/[金丸 芳]/[田中 保]/Quantitative Analysis of Glycosylinositol Phosphoceramide and Phytoceramide 1-Phosphate in Vegetables/[Journal of Nutritional Science and Vitaminology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
363543
EOID
978583
Map
0
LastModified
2020年4月21日(火) 18:31:22
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
川上 竜巳
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Rumana Yesmin Hasi / (日) Rumana Hasi Yesmin / (読) るまな はし いえすみん
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Makoto Miyagi / (日) 宮城 諒 / (読) みやぎ まこと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Takashi KIDA / (日) 喜田 孝史 / (読) きだ たかし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 福田 達也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 小暮 健太朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.衛生薬学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 林 順司([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 川上 竜巳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  8. 金丸 芳([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.食料科学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 田中 保([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.食料科学系.食料科学分野])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Quantitative Analysis of Glycosylinositol Phosphoceramide and Phytoceramide 1-Phosphate in Vegetables

副題 任意
要約 任意

(英) Previously, we found an unidentified sphingolipid in cabbage, and determined it as phytoceramide 1-phosphate (PC1P). PC1P is found to be produced from glycosylinositol phosphoceramide (GIPC) by the action of phospholipase D (PLD) activity. Although GIPC is abundant sphingolipid, especially in cruciferous vegetables, amount of daily intake, digestibility and nutritional activity of GIPC are not well understood. Here, we investigated amounts of GIPC and PC1P in vegetables. GIPC was found in all vegetables examined (13 kinds) at levels 3-20 mg/100 g (wet weight). On the other hand, PC1P was present in limited vegetables which show higher GIPC-PLD activity, such as inner cabbage leaves (5.2 mg/100 g). Because PC1P is formed during homogenization by activated GIPC-PLD, level of PC1P in boiled cabbage leaves was very low. Although digestibility of GIPC is unknown at present, a portion of dietary GIPC is considered to be converted to PC1P during mastication by plant-derived GIPC-PLD activity in some vegetables.

キーワード 推奨
  1. (英) Brassica
  2. (英) Ceramides
  3. (英) Glycosphingolipids
  4. (英) Inositol
  5. (英) Phosphates
  6. (英) Phospholipase D
  7. (英) Plant Leaves
  8. (英) Sphingolipids
  9. (英) Vegetables
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Nutritional Science and Vitaminology([日本栄養·食糧学会]/[日本ビタミン学会])
(pISSN: 0301-4800, eISSN: 1881-7742)
ISSN 任意 1881-7742
ISSN: 0301-4800 (pISSN: 0301-4800, eISSN: 1881-7742)
Title: Journal of nutritional science and vitaminology
Title(ISO): J Nutr Sci Vitaminol (Tokyo)
Supplier: 日本ビタミン学会
Publisher: Center for Academic Publications Japan
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 65
必須 Supplement
必須 S175 S179
都市 任意
年月日 必須 2019年 10月 11日
URL 任意
DOI 任意 10.3177/jnsv.65.S175    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31619623    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85073476996
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.3177/jnsv.65.S175

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: phospholipase D

  4. (英) KeywordList.Keyword: plant foodstuffs

  5. (英) KeywordList.Keyword: sphingophospholipid