徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Fumihiro Watanabe/Ikuko Kaburaki/Kazumasa Oshima/[霜田 直宏]/Akira Igarashi/Shigeo Satokawa/硫黄を含むメタン水蒸気改質反応でのアルミナ担持白金触媒の炭素析出と活性点/[Journal of the Japan Petroleum Institute]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
363490
EOID
991907
Map
0
LastModified
2020年9月14日(月) 11:47:46
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
霜田 直宏
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 徳島大学以外での単独著作(徳島大学以外での単一の研究グループ(研究室等)内の研究 (単著も含む))
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Fumihiro Watanabe
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Ikuko Kaburaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Kazumasa Oshima
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 霜田 直宏([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座/徳島大学.工学部.化学応用工学科.化学プロセス工学講座/徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Akira Igarashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Shigeo Satokawa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Carbon Formation and Active Site of Alumina Supported Platinum Catalyst in Steam Methane Reforming Containing Sulfur

(日) 硫黄を含むメタン水蒸気改質反応でのアルミナ担持白金触媒の炭素析出と活性点

副題 任意
要約 任意

(日) 抄録 メタン水蒸気改質(SMR)反応を0.1∼2.0 wt% Pt/α-Al2O3触媒を用いて10 ppmのジメチルスルフィド(DMS)を含む条件と含まない条件で行った.DMSを含む場合は初期に劣化が生じるが失活には至らなかった.DMSの供給を停止すると活性は完全に元に戻った.DMSを含むガスの場合は1.0∼2.0 wt% Pt/α-Al2O3触媒上のPtはシンタリングして炭素析出を促進した.このシンタリングと炭素生成挙動はSMR反応と無関係であった.一方,Pt担持量が0.1 wt%だと炭素析出は起こらなかった.これらの結果からPt/α-Al2O3触媒上には三つの活性サイトが形成されたと考えた.一つ目はDMSの影響を受けない活性点,二つ目はDMSにより活性を失うがDMSの供給を停止すると完全に再生する活性点,三つ目はSMRの活性点ではなくシンタリングしたPtがメタン分解を促進して炭素を生成する活性点である.

キーワード 推奨
  1. (英) Steam methane reforming
  2. (英) Platinum catalyst
  3. (英) Sulfur poisoning
  4. (英) Sintering
  5. (英) Carbon formation
  6. (英) Active site
発行所 推奨 (英) The Japan Petroleum Institute / (日) 公益社団法人 石油学会 / (読) こうえきしゃだんほうじん せきゆがっかい
誌名 必須 Journal of the Japan Petroleum Institute(石油学会)
(pISSN: 1346-8804, eISSN: 1349-273X)
ISSN 任意 1349-273X
ISSN: 1346-8804 (pISSN: 1346-8804, eISSN: 1349-273X)
Title: Journal of the Japan Petroleum Institute
Supplier: 公益社団法人 石油学会
Publisher: Japan Petroleum Institute
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 63
必須 2
必須 89 95
都市 任意
年月日 必須 2020年 3月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1627/jpi.63.89    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130007804572
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意