徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Momota Kaori/[西庄 俊彦]/[宮城 亮]/[土岐 俊一]/[山下 一太]/[手束 文威]/[髙田 洋一郎]/[酒井 紀典]/[長町 顕弘]/[前田 徹]/[西良 浩一]/A Rare Case of Acute-Onset Spastic Quadriparesis Caused by a Chondroma of the Cervical Spine./[Case Reports in Orthopedics]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
362027
EOID
968708
Map
0
LastModified
2019年12月20日(金) 16:12:37
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Momota Kaori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 西庄 俊彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 宮城 亮
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 土岐 俊一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).脊椎関節機能再建外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 山下 一太([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 手束 文威([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 髙田 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 長町 顕弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 前田 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  11. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) A Rare Case of Acute-Onset Spastic Quadriparesis Caused by a Chondroma of the Cervical Spine.

副題 任意
要約 任意

(英) Chondromas are benign cartilaginous tumors that occur very rarely in the spine. Moreover, chondromas of the extraskeletal origin are also very rare. In this case report, we describe an extremely rare case of chondroma arising from the ligamentum flavum in the cervical spine. A 67-year-old man presented to our clinic with acute-onset spastic quadriparesis. We performed emergent magnetic resonance imaging and found an epidural mass in the right ligamentum flavum at C4-C5. The acute-onset presentation was suspicious for intraligamentous hematoma in the ligamentum flavum at this level. We performed emergency decompression surgery and en bloc removal of the epidural mass with the right C4 and C5 lamina. The lesion had the appearance of cartilaginous tissue rather than hematoma. Based on the histological investigation, the final diagnosis was intraligamentous chondroma of the cervical spine. The quadriparesis improved postoperatively, as did the results of manual muscle testing in the affected area, and he was able to resume walking independently with a cane. At the one-year follow-up, the manual muscle testing results were almost normal. Surgeons should keep in mind the possibility of benign tumors including chondroma of the cervical spine when a patient presents with acute-onset quadriparesis.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Case Reports in Orthopedics(Hindawi Pub.)
(pISSN: 2090-6749, eISSN: 2090-6757)
ISSN 任意 2090-6749
ISSN: 2090-6749 (pISSN: 2090-6749, eISSN: 2090-6757)
Title: Case reports in orthopedics
Title(ISO): Case Rep Orthop
Publisher: Hindawi
 (NLM Catalog  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 2019
必須 ---
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2019年 5月 23日
URL 任意
DOI 任意 10.1155/2019/3131628    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31263610    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Case Reports