徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 近藤 慶承/[近久 幸子]/[志内 哲也]/[清水 紀之]/谷岡 大輔/鶯 春夫/[勢井 宏義]/Sleep profile during fasting in PPAR-alpha knockout mice./[Physiology & Behavior]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
361316
EOID
967358
Map
0
LastModified
2019年12月4日(水) 10:26:42
Operator
近久 幸子
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近久 幸子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kondo Yoshitsugu / (日) 近藤 慶承 / (読) こんどう よしつぐ
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 近藤 慶承
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 志内 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 清水 紀之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Tanioka Daisuke / (日) 谷岡 大輔 / (読) たにおか だいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Uguisu Haruo / (日) 鶯 春夫 / (読) うぐいす はるお
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Sleep profile during fasting in PPAR-alpha knockout mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Peroxisome proliferator-activated receptor alpha (PPARα) is a transcription factor that belongs to the nuclear receptor family and plays an important role in regulating gene expression associated with lipid metabolism. PPARα promotes hepatic fatty acid oxidation and ketogenesis in response to fasting. Because energy metabolism is known to affect sleep regulation, manipulations that change PPARα are likely to affect sleep and other physiological phenotypes. In this study, we examined the role of PPARα in sleep/wake regulation using PPARα knockout (KO) mice. Sleep, body temperature (BT), locomotor activity, arterial pressure (AP) and heart rate (HR) were recorded in KO mice and wild-type (WT) controls under ad libitum-fed conditions and 24-hour food deprivation (FD). KO and WT mice were identical in basal sleep amount, BT, mean AP and HR, although KO mice showed enhanced sleepiness (enhanced EEG slow-wave activity). In response to FD, KO mice showed a large drop in wakefulness and locomotor activity at the end of the dark phase, whereas WT mice did not. Similarly, AP and HR, which were suppressed by FD, decreased more in KO than in WT mice. Compared to WT mice, KO mice showed a reduced concentration of plasma ketone bodies and decreased mRNA expression of the ketogenic enzyme gene Hmgcs2 in the liver and brain under FD conditions. These results suggest that PPARα and/or lipid metabolism is involved in the maintenance of wakefulness and locomotor activity during fasting in mice.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Physiology & Behavior([Brain Research Publications])
(pISSN: 0031-9384, eISSN: 1873-507X)
ISSN 任意 1873-507X
ISSN: 0031-9384 (pISSN: 0031-9384, eISSN: 1873-507X)
Title: Physiology & behavior
Title(ISO): Physiol. Behav.
Publisher: Elsevier BV
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2019年 11月 27日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.physbeh.2019.112760    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31785270    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article