徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [東島 潤]/[島田 光生]/[吉川 幸造]/[宮谷 知彦]/[徳永 卓哉]/[西 正暁]/[柏原 秀也]/[髙須 千絵]/Usefulness of blood flow evaluation by indocyanine green fluorescence system in laparoscopic anterior resection./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
361183
EOID
967190
Map
0
LastModified
2019年12月3日(火) 10:43:45
Operator
居村 暁
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
居村 暁
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(紀要その他)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 東島 潤
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 島田 光生([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 吉川 幸造([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 宮谷 知彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 徳永 卓哉([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域外科診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 西 正暁([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 柏原 秀也([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 髙須 千絵([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Usefulness of blood flow evaluation by indocyanine green fluorescence system in laparoscopic anterior resection.

副題 任意
要約 任意

(英) One of the major cause of anastomotic leakage (AL) in anterior resection of the rectum is insufficient blood flow of the remnant colon. The indocyanine green fluorescence system (ICG-FS) can visualize the blood flow of organs intra-operatively. The aim of this study is to investigate the usefulness of ICG-FS for evaluating the blood flow of the remnant colon in laparoscopic anterior resection. Rectal cancer patients (n=24) who underwent laparoscopic anterior resection were included in this study. After resection of the rectum, 7.5mg of ICG was administered intravenously, and the blood flow of the oral stump was evaluated by the ICG-FS. The relationship between the fluorescence time (FT) of the oral stump and AL was investigated retrospectively. Two of twenty-four patients (8.3%) suffered AL. The FT of these two cases were over 60 seconds. In the case with the FT was over 80 seconds, we performed additional resection of the late fluorescence portion of the remnant colon and could avoid AL. In patients whose FT was under 60 seconds, no patients suffered AL. ICG-FS may be useful for evaluating the blood flow of the remnant colon to avoid AL in laparoscopic anterior resection. J. Med. Invest. 66 : 65-69, February, 2019.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 66
必須 1.2
必須 65 69
都市 任意
年月日 必須 2019年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.66.65    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31064957    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.66.65

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: blood flow evaluation

  4. (英) KeywordList.Keyword: indocyanine green (ICG) fluorescence system

  5. (英) KeywordList.Keyword: laparoscopic anterior resection