徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 櫻田 巧/Bando Sanako/[座間味 義人]/[武智 研志]/[中馬 真幸]/[合田 光寛]/Kirino Yasushi/Nakamura Toshimi/[寺岡 和彦]/[森本 雅美]/[丹黒 章]/[石澤 啓介]/Prophylactic administration of granulocyte colony-stimulating factor in epirubicin and cyclophosphamide chemotherapy for Japanese breast cancer patients: a retrospective study./[Cancer Chemotherapy and Pharmacology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
361009
EOID
989498
Map
0
LastModified
2020年8月26日(水) 10:26:02
Operator
丹黒 章
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
丹黒 章
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Sakurada Takumi / (日) 櫻田 巧 / (読) さくらだ たくみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Bando Sanako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 座間味 義人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 武智 研志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 中馬 真幸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 合田 光寛([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床薬理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kirino Yasushi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Nakamura Toshimi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 寺岡 和彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 森本 雅美
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 丹黒 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 石澤 啓介([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床薬理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Prophylactic administration of granulocyte colony-stimulating factor in epirubicin and cyclophosphamide chemotherapy for Japanese breast cancer patients: a retrospective study.

副題 任意
要約 任意

(英) The incidence of FN in EC therapy among Japanese patients was higher than expected, EC therapy appears to be a high-risk chemotherapy for FN, and prophylactic administration of G-CSF is recommended. Maintaining high therapeutic intensity is associated with a positive prognosis for patients with early breast cancer, and prophylactic administration of G-CSF is likely to be beneficial in treatment involving EC therapy.

(日) The incidence rate of FN was 23.9%. In patients who received G-CSF as primary prophylaxis, FN expression was completely suppressed. The incidence rate of severe leucopenia/neutropenia, emergency hospitalization, and the use of antimicrobial agents were low in patients receiving primary prophylaxis with G-CSF compared with those not receiving G-CSF (27.3% vs. 64.8%, 9.1% vs. 27.3%, and 27.3% vs. 71.6%, respectively). Furthermore, in all patients who received primary prophylaxis with G-CSF, a relative dose intensity > 85% using EC therapy was maintained.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Cancer Chemotherapy and Pharmacology([Springer-Verlag])
(pISSN: 0344-5704, eISSN: 1432-0843)
ISSN 任意 1432-0843
ISSN: 0344-5704 (pISSN: 0344-5704, eISSN: 1432-0843)
Title: Cancer chemotherapy and pharmacology
Title(ISO): Cancer Chemother Pharmacol
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 84
必須 5
必須 1107 1114
都市 任意
年月日 必須 2019年 9月 9日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s00280-019-03948-6    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31502114    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article