徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [藤田 浩司]/Matsubara Tomoyasu/[宮本 亮介]/Sumikura Hiroyuki/Takeuchi Toshiaki/Maruyama Saladini Keiko/[瓦井 俊孝]/[野寺 裕之]/Udaka Fukashi/Kume Kodai/Morino Hiroyuki/Kawakami Hideshi/Hasegawa Masato/[梶 龍兒]/Murayama Shigeo/[和泉 唯信]/Co-morbidity of progressive supranuclear palsy and amyotrophic lateral sclerosis: a clinical-pathological case report./[BMC Neurology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
356565
EOID
980868
Map
0
LastModified
2020年6月1日(月) 13:08:27
Operator
和泉 唯信
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
瓦井 俊孝
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 藤田 浩司([徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Matsubara Tomoyasu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 宮本 亮介([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Sumikura Hiroyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takeuchi Toshiaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Maruyama Saladini Keiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 瓦井 俊孝([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 野寺 裕之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Udaka Fukashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Kume Kodai
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Morino Hiroyuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Kawakami Hideshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Hasegawa Masato
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 梶 龍兒
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Murayama Shigeo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 和泉 唯信([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.臨床神経科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.脳神経内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Co-morbidity of progressive supranuclear palsy and amyotrophic lateral sclerosis: a clinical-pathological case report.

副題 任意
要約 任意

(英) Our case demonstrates the clinicopathological comorbidity of PSP and ALS in a sporadic patient. The possibility of multiple proteinopathies should be considered when distinct symptoms develop during the disease course.

(日) A 77-year-old man presented with gait disturbance for 2 years, consistent with PSP with progressive gait freezing. At 79 years old, he developed muscle weakness compatible with ALS. The disease duration was 5 years after the onset of PSP and 5 months after the onset of ALS. Neuropathological findings demonstrated the coexistence of PSP and ALS. Immunohistochemical examination confirmed 4-repeat tauopathy, including globose-type neurofibrillary tangles, tufted astrocytes, and oligodendroglial coiled bodies as well as TAR DNA-binding protein 43 kDa pathology in association with upper and lower motor neuron degeneration. Immunoblotting showed hyperphosphorylated full-length 4-repeat tau bands (64 and 68 kDa) and C-terminal fragments (33 kDa), supporting the diagnosis of PSP and excluding other parkinsonian disorders, such as corticobasal degeneration. Genetic studies showed no abnormalities in genes currently known to be related to ALS or PSP.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 BMC Neurology([BioMed Central Ltd.])
(eISSN: 1471-2377)
ISSN 任意 1471-2377
ISSN: 1471-2377 (eISSN: 1471-2377)
Title: BMC neurology
Title(ISO): BMC Neurol
Publisher: BioMed Central
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 19
必須 1
必須 168 168
都市 任意
年月日 必須 2019年 7月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1186/s12883-019-1402-7    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31319800    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article