徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [池本 哲也]/馮 睿/[岩橋 衆一]/[山田 眞一郎]/[齋藤 裕]/[森根 裕二]/[居村 暁]/[松久 宗英]/[島田 光生]/In vitro and in vivo effects of insulin-producing cells generated by xeno-antigen free 3D culture with RCP piece./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
355298
EOID
1001028
Map
0
LastModified
2021年2月22日(月) 13:41:02
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松久 宗英
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 池本 哲也([徳島大学.病院.中央診療施設等.安全管理部]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Feng Rui / (日) 馮 睿 / (読) ひょう えい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 岩橋 衆一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 山田 眞一郎([徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 齋藤 裕([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 森根 裕二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.消化器・移植外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 居村 暁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 島田 光生([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.消化器・移植外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) In vitro and in vivo effects of insulin-producing cells generated by xeno-antigen free 3D culture with RCP piece.

副題 任意
要約 任意

(日) To establish widespread cell therapy for type 1 diabetes mellitus, we aimed to develop an effective protocol for generating insulin-producing cells (IPCs) from adipose-derived stem cells (ADSCs). We established a 3D culture using a human recombinant peptide (RCP) petaloid μ-piece with xeno-antigen free reagents. Briefly, we employed our two-step protocol to differentiate ADSCs in 96-well dishes and cultured cells in xeno-antigen free reagents with 0.1 mg/mL RCP μ-piece for 7 days (step 1), followed by addition of histone deacetylase inhibitor for 14 days (step 2). Generated IPCs were strongly stained with dithizone, anti-insulin antibody at day 21, and microstructures resembling insulin secretory granules were detected by electron microscopy. Glucose stimulation index (maximum value, 4.9) and MAFA mRNA expression were significantly higher in 3D cultured cells compared with conventionally cultured cells (P < 0.01 and P < 0.05, respectively). The hyperglycaemic state of streptozotocin-induced diabetic nude mice converted to normoglycaemic state around 14 days after transplantation of 96 IPCs under kidney capsule or intra-mesentery. Histological evaluation revealed that insulin and C-peptide positive structures existed at day 120. Our established xeno-antigen free and RCP petaloid μ-piece 3D culture method for generating IPCs may be suitable for clinical application, due to the proven effectiveness in vitro and in vivo.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Springer Science+Business Media
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 9
必須 1
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2019年 7月 24日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-019-47257-7    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31341242    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article