徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [志内 哲也]/Miyatake Yumiko/大塚 愛理/[近久 幸子]/[阪上 浩]/[勢井 宏義]/Role of orexin in exercise-induced leptin sensitivity in the mediobasal hypothalamus of mice./[Biochemical and Biophysical Research Communications]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
355098
EOID
968512
Map
0
LastModified
2019年12月17日(火) 19:18:22
Operator
志内 哲也
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
志内 哲也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 志内 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Miyatake Yumiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《宮武 由実子 (Miyatake Yumiko) @ 栄養生命科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2016年4月〜2019年3月》
    《宮武 由実子 (Miyatake Yumiko) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2014年4月〜2016年3月》
    《宮武 由実子 (Miyatake Yumiko) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Otsuka Airi / (日) 大塚 愛理 / (読) おおつか あいり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 阪上 浩([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.栄養科学部門.医科栄養学系.代謝栄養学]/[糖尿病臨床・研究開発センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Role of orexin in exercise-induced leptin sensitivity in the mediobasal hypothalamus of mice.

副題 任意
要約 任意

(英) Orexin is known as an important neuropeptide in the regulation of energy metabolism. However, the role of orexin in exercise-induced leptin sensitivity in the hypothalamus has been unclear. In this study, we determined the effect of transient treadmill exercise on leptin sensitivity in the mediobasal hypothalamus (MBH) of mice and examined the role of orexin in post-exercise leptin sensitivity. Treadmill running for 45min increased the orexin neuron activity in mice. Intraperitoneal injection of a submaximal dose of leptin after exercise stimulated the phosphorylation of signal transducer and activator of transcription 3 (STAT3) in MBH of mice post-exercise compared with that in non-exercised mice, although intracerebroventricular (icv) injection of leptin did not enhance STAT3 phosphorylation, even after exercise. Icv injection of an orexin receptor antagonist, SB334867 reduced STAT3 phosphorylation, which was enhanced by icv injection of orexin but not by direct injection of orexin into MBH. Exercise increased the phosphorylation of extracellular signal-regulated kinases (ERKs) in the MBH of mice, while ERK phosphorylation was reduced by SB334867. Leptin injection after exercise increased the leptin level in MBH, whereas icv injection of SB334867 suppressed the increase in the leptin level in MBH of mice. These results indicate that the activation of orexin neurons by exercise may contribute to the enhancement of leptin sensitivity in MBH. This effect may be mediated by increased transportation of circulating leptin into MBH, with the involvement of ERK phosphorylation.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Biochemical and Biophysical Research Communications([Elsevier])
(pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
ISSN 任意 1090-2104
ISSN: 0006-291X (pISSN: 0006-291X, eISSN: 1090-2104)
Title: Biochemical and biophysical research communications
Title(ISO): Biochem. Biophys. Res. Commun.
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 514
必須 1
必須 166 172
都市 任意
年月日 必須 2019年 4月 25日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.bbrc.2019.04.145    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31029425    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article