徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Obata Fumiaki/[安部 秀斉]/[村上 太一]/上田 紗代/Inagaki Taizo/Minato Masanori/[小野 広幸]/[西村 賢二]/[柴田 恵理子]/[田蒔 昌憲]/[岸 史]/[岸 誠司]/[長井 幸二郎]/[土井 俊夫]/Direct oral anticoagulant successfully used to treat an adult nephrotic patient complicated with portal vein thrombosis./[CEN Case Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
353742
EOID
967765
Map
0
LastModified
2019年12月6日(金) 14:05:59
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
長井 幸二郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Obata Fumiaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 安部 秀斉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 村上 太一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Ueda Sayo / (日) 上田 紗代 / (読) うえだ さよ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Inagaki Taizo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Minato Masanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 小野 広幸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西村 賢二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. 柴田 恵理子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.腎臓内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 田蒔 昌憲([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.検査部]/[徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 岸 史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 岸 誠司
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 長井 幸二郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 土井 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Direct oral anticoagulant successfully used to treat an adult nephrotic patient complicated with portal vein thrombosis.

副題 任意
要約 任意

(英) Thromboembolism is a major complication of nephrotic syndrome, with the renal vein being the most frequent site. However, the incidence of portal vein thrombosis (PVT) in patients with nephrotic syndrome is rare. We report a case of a relapsed steroid-dependent minimal change disease with incidental PVT. A 38-year-old man presented with anasarca. Elevated liver enzymes were discovered during routine blood testing within days after commencing treatment. Although drug-induced liver injuries are frequently observed with mild aminotransferase abnormality during therapy with steroid or immune-suppressive agents, imaging revealed a massive thrombus of the portal vein, which was treated by anticoagulant therapy with edoxaban. Treatment with anticoagulant therapy could normalize liver function. Two months after the initiation of treatment with edoxaban, the follow-up CT scan and ultrasound showed the disappearance of PVT. Our case suggests that much attention should be paid to PVT as a cause of liver enzyme elevation when treating patients with nephrotic syndrome.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 CEN Case Reports([Springer-Verlag.シュプリンガー ジャパン])
(eISSN: 2192-4449)
ISSN 任意 2192-4449
ISSN: 2192-4449 (eISSN: 2192-4449)
Title: CEN case reports
Title(ISO): CEN Case Rep
Publisher: Springer
 (NLM Catalog  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 8
必須 2
必須 134 138
都市 任意
年月日 必須 2019年 2月 5日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s13730-019-00381-9    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30721455    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article