徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [森 博康]/[黒田 暁生]/石津 将/大石 真実/[髙士 祐一]/Otsuka Yinhua/[谷口 諭]/[田蒔 基行]/[倉橋 清衛]/[吉田 守美子]/[遠藤 逸朗]/[粟飯原 賢一]/[船木 真理]/Akehi Yuko/[松久 宗英]/Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes./[Journal of Diabetes Investigation]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
352295
EOID
966059
Map
0
LastModified
2019年11月7日(木) 17:02:42
Operator
松久 宗英
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松久 宗英
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 森 博康([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 黒田 暁生([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ishizu Masashi / (日) 石津 将 / (読) いしづ まさし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Ohishi Mami / (日) 大石 真実 / (読) おおいし まみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 髙士 祐一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Otsuka Yinhua
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 谷口 諭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 田蒔 基行
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 倉橋 清衛([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.内分泌・代謝内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 吉田 守美子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 船木 真理([徳島大学.病院.中央診療施設等.糖尿病対策センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Akehi Yuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Association of accumulated advanced glycation end-products with a high prevalence of sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.

副題 任意
要約 任意

(英) Advanced glycation end-products (AGEs), which are a major cause of diabetic vascular complications, accumulate in various tissues under chronic hyperglycemic conditions, as well as with aging in patients with diabetes. The loss of muscle mass and strength, so-called sarcopenia and dynapenia, has recently been recognized as a diabetic complication. However, the influence of accumulated AGEs on muscle mass and strength remains unclear. The present study aimed to evaluate the association of sarcopenia and dynapenia with accumulated AGEs in patients with type 2 diabetes. We recruited 166 patients with type 2 diabetes aged 30 years (mean age 63.2 ± 12.3 years; body mass index 26.3 ± 4.9 kg/m ; glycated hemoglobin 7.1 ± 1.1%). Skin autofluorescence as a marker of AGEs, limb skeletal muscle mass index, grip strength, knee extension strength and gait speed were assessed. Sarcopenia and dynapenia were observed in 7.2 and 13.9% of participants, respectively. Skin autofluorescence was significantly higher in patients with sarcopenia and dynapenia. Skin autofluorescence was the independent determinant for skeletal muscle mass index, grip strength, knee extension strength, sarcopenia and dynapenia. Accumulated AGEs could contribute to reduced muscle mass and strength, leading to sarcopenia and dynapenia in patients with type 2 diabetes.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Diabetes Investigation(Asian Association for the Study of Diabetes)
(pISSN: 2040-1116, eISSN: 2040-1124)
ISSN 任意 2040-1124
ISSN: 2040-1116 (pISSN: 2040-1116, eISSN: 2040-1124)
Title: Journal of diabetes investigation
Title(ISO): J Diabetes Investig
Publisher: Blackwell Publishing Asia Pty Ltd
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 ---
必須 ---
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2019年 1月 24日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/jdi.13014    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30677242    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article