徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [板垣 大雅]/[上野 義豊]/[中西 信人]/[大藤 純]/Reverse triggering induced by endotracheal tube leak in lightly sedated ARDS patient./[Journal of Intensive Care]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
352253
EOID
949168
Map
0
LastModified
2019年7月3日(水) 14:10:36
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
中西 信人
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 板垣 大雅([徳島大学.病院.中央診療施設等.ER・災害医療診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 上野 義豊([徳島大学.病院.中央診療施設等.救急集中治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 中西 信人
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 大藤 純([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.救急集中治療医学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.救急集中治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Reverse triggering induced by endotracheal tube leak in lightly sedated ARDS patient.

副題 任意
要約 任意

(英) Reverse triggering is respiratory entrainment triggered by the ventilator especially seen among heavily sedated patients. We confirmed reverse triggering induced by auto-triggering in lightly sedated patient through an esophageal pressure monitoring. The reverse triggering frequently caused breath stacking with increased tidal volume. Physicians should be aware, even at an optimal level of sedation, that reverse triggering can develop, possibly caused by auto-triggering.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Intensive Care([BioMed Central Ltd.])
(pISSN: 2052-0492)
ISSN 任意 2052-0492
ISSN: 2052-0492 (eISSN: 2052-0492)
Title: Journal of intensive care
Title(ISO): J Intensive Care
Publisher: BioMed Central
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 6
必須
必須
都市 任意
年月日 必須 2018年 7月 28日
URL 任意
DOI 任意 10.1186/s40560-018-0314-8    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30065843    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85050655300
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article