徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Iwasa Masami/[原田 武志]/Oda Asuka/Bat-Erdene Ariunzaya/Teramachi Jumpei/[天眞 寛文]/Ashtar Mohannad/[大浦 雅博]/[曽我部 公子]/宇髙 憲吾/[藤井 志朗]/[中村 信元]/[三木 浩和]/[賀川 久美子]/Ozaki Shuji/Abe Masahiro/PD-L1 upregulation in myeloma cells by panobinostat in combination with interferon-γ./[Oncotarget]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
351838
EOID
974729
Map
0
LastModified
2020年3月18日(水) 15:18:36
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
大浦 雅博
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Iwasa Masami
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 原田 武志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Oda Asuka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Bat-Erdene Ariunzaya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Teramachi Jumpei
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 天眞 寛文([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ashtar Mohannad
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 大浦 雅博([徳島大学.病院.中央診療施設等.徳島県地域医療支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. 曽我部 公子([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Udaka Kengo / (日) 宇髙 憲吾 / (読) うだか けんご
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  11. 藤井 志朗([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 中村 信元([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 三木 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 賀川 久美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Ozaki Shuji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Abe Masahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) PD-L1 upregulation in myeloma cells by panobinostat in combination with interferon-γ.

副題 任意
要約 任意

(英) gene silencing abolished the PD-L1 upregulation by panobinostat and IFN-γ in combination, indicating a critical role for STAT1. These results suggest that panobinostat enhances PD-L1 expression by facilitating the IFN-γ-STAT1 pathway in a ligand-dependent manner in MM cells with ambient IFN-γ. PD-L1 upregulation should be taken into account when combining immunotherapies with panobinostat.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oncotarget(Impact Journals)
(eISSN: 1949-2553)
ISSN 任意 1949-2553
ISSN: 1949-2553 (eISSN: 1949-2553)
Title: Oncotarget
Title(ISO): Oncotarget
Publisher: Impact Journals
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 10
必須 20
必須 1903 1917
都市 任意
年月日 必須 2019年 3月 8日
URL 任意
DOI 任意 10.18632/oncotarget.26726    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30956773    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85062760316
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article