徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [谷 憲治]/[河南 真吾]/[大倉 佳宏]/田畑 良/[湯浅 志乃]/[中西 嘉憲]/川人 圭祐/稲葉 圭佑/稲葉 香織/[近藤 啓介]/梅谷 一公/[鈴記 好博]/[山口 治隆]/Predictive factors associated with the therapeutic resnponse in patinents with polymyalgia rheumatica and remitting seronegative symmertrical synovitis with pitting edema syndrome/[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
351230
EOID
957275
Map
0
LastModified
2019年8月20日(火) 14:07:18
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
谷 憲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 谷 憲治([徳島大学.病院.中央診療施設等.総合診療部]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).総合診療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 河南 真吾
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 大倉 佳宏([徳島大学.病院.中央診療施設等.総合診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tabata Ryo / (日) 田畑 良 / (読) たばた りょう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 湯浅 志乃
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 中西 嘉憲
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Kawahito Keisuke / (日) 川人 圭祐 / (読) かわひと けいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  8. (英) Inaba Keisuke / (日) 稲葉 圭佑 / (読) いなば けいすけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  9. (英) Inaba Kaori / (日) 稲葉 香織 / (読) いなば かおり
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 近藤 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Umetani Kazumasa / (日) 梅谷 一公 / (読) うめたに かずまさ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  12. 鈴記 好博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 山口 治隆([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).総合診療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Predictive factors associated with the therapeutic resnponse in patinents with polymyalgia rheumatica and remitting seronegative symmertrical synovitis with pitting edema syndrome

副題 任意
要約 任意

(英) Polymyalgia rheumatica (PMR) and remitting seronegative symmetrical synovitis with pitting edema (RS3PE) syndrome are common inflammatory rheumatic diseases in the elderly. In this study, we investigate predictive factors which correspond to subsequent disease control of PMR and RS3PE syndrome. Twenty four patients, which contained 18 PMR and 6 RS3PE syndrome, were treated with initial dosages of 10-20 mg per day oral prednisolone, and the dosage of prednisolone was then tapered. Significantly higher initial CRP was observed in patients with poor disease control than in those with good disease control afterwards. The number of patients with negative CRP after 4 weeks was significantly more in patients with good disease control after 1 year than in those with poor disease control. Patients were shown to be in good disease control status after 1 year when CRP after 4 weeks became negative even if they had initial high CRP. Our study clarify that to make CRP negative after 4 weeks is associated with subsequent suppression of the disease activity and with decreased dosages of corticosteroids. J. Med. Invest. 66 : 112-118, February, 2019.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 66
必須 1,2
必須 112 118
都市 任意
年月日 必須 2019年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.66.112    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31064921    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85065779049
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2152/jmi.66.112

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article