徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 岩﨑 夕貴/[有澤 孝吉]/[勝浦-釜野 桜子]/[上村 浩一]/Tsukamoto Mineko/Kadomatsu Yuka/Okada Rieko/Hishida Asahi/Tanaka Keitaro/Hara Megumi/Takezaki Toshiro/Shimatani Keiichi/Ozaki Etsuko/Koyama Teruhide/Suzuki Sadao/Nakagawa-Senda Hiroko/Kuriki Kiyonori/Miyagawa Naoko/Kadota Aya/Ikezaki Hiroaki/Furusyo Norihiro/Oze Isao/Ito Hidemi/Mikami Haruo/Nakamura Yohko/Wakai Kenji/Associations of nutrient patterns with the prevalence of metabolic syndrome: Results from the baseline data of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study/[Nutrients]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
351226
EOID
957273
Map
0
LastModified
2019年8月20日(火) 14:06:53
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
有澤 孝吉
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨 修士課程学生による研究報告
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Iwasaki Yuki / (日) 岩﨑 夕貴 / (読) いわさき ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 有澤 孝吉([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.社会医学系.予防医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 勝浦-釜野 桜子([徳島大学.大学院ヘルスバイオサイエンス研究部.医療創生科学部門.社会環境衛生学講座.予防医学]/->個人[釜野 桜子])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 上村 浩一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Tsukamoto Mineko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Kadomatsu Yuka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Okada Rieko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Hishida Asahi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Tanaka Keitaro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Hara Megumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Takezaki Toshiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Shimatani Keiichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. (英) Ozaki Etsuko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Koyama Teruhide
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Suzuki Sadao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Nakagawa-Senda Hiroko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Kuriki Kiyonori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. (英) Miyagawa Naoko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. (英) Kadota Aya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. (英) Ikezaki Hiroaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. (英) Furusyo Norihiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  22. (英) Oze Isao
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  23. (英) Ito Hidemi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  24. (英) Mikami Haruo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  25. (英) Nakamura Yohko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  26. (英) Wakai Kenji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Associations of nutrient patterns with the prevalence of metabolic syndrome: Results from the baseline data of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study

副題 任意
要約 任意

(英) The association between nutrient patterns and metabolic syndrome (MetS) has not been examined in a Japanese population. A cross-sectional study was performed on 30,108 participants (aged 35-69 years) in the baseline survey of the Japan Multi-Institutional Collaborative Cohort Study. Dietary intake was assessed using a 46-item food frequency questionnaire. MetS was diagnosed according to the Joint Interim Statement Criteria of 2009, using body mass index instead of waist circumference. Factor analysis was applied to energy-adjusted intake of 21 nutrients, and three nutrient patterns were extracted: Factor 1 (fiber, potassium and vitamins pattern); Factor 2 (fats and fat-soluble vitamins pattern); and Factor 3 (saturated fatty acids, calcium and vitamin B pattern). In multiple logistic regression analysis adjusted for sex, age, and other potential confounders, Factor 1 scores were associated with a significantly reduced odds ratio (OR) of MetS and all five components. Factor 2 scores were associated with significantly increased prevalence of MetS, obesity, and high blood pressure. Factor 3 scores were significantly associated with lower OR of MetS, high blood pressure, high serum triglycerides and low HDL cholesterol levels. Analysis of nutrient patterns may be useful to assess the overall quality of diet and its association with MetS.

キーワード 推奨
  1. (英) Nutrient pattern
  2. (英) metabolic syndrome
  3. (英) factor analysis
  4. (英) factor analysis
発行所 推奨
誌名 必須 Nutrients(Molecular Diversity Preservation International)
(eISSN: 2072-6643)
ISSN 任意 2072-6643
ISSN: 2072-6643 (eISSN: 2072-6643)
Title: Nutrients
Title(ISO): Nutrients
Publisher: Multidisciplinary Digital Publishing Institute (MDPI)
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 11
必須 5
必須 990 990
都市 任意
年月日 必須 2019年 4月 26日
URL 任意
DOI 任意 10.3390/nu11050990    (→Scopusで検索)
PMID 任意 31052301    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85065674765
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: E990

  2. (英) Article.ELocationID: 10.3390/nu11050990

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) KeywordList.Keyword: cross-sectional study

  5. (英) KeywordList.Keyword: factor analysis

  6. (英) KeywordList.Keyword: metabolic syndrome

  7. (英) KeywordList.Keyword: nutrient pattern

  8. (英) CoiStatement: The authors declare no conflict of interest.