徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉田 みどり]/[誉田 栄一]/Ozawa Erika/Inoue-Arai Sayuri Maristela/Ohmori Hiroko/Moriyama Keiji/Ono Takashi/Kurabayashi Tohru/Yoshihara Hozumi/Nunthayanon Parakonthun Kulthida/Principles of the magnetic resonance imaging movie method for articulatory movement./[Oral Radiology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
350738
EOID
947137
Map
0
LastModified
2019年5月27日(月) 13:18:25
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
吉田 みどり
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 吉田 みどり([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 誉田 栄一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.歯科放射線学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ozawa Erika
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Inoue-Arai Sayuri Maristela
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ohmori Hiroko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Moriyama Keiji
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 森山 啓司
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ono Takashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《庄野 隆志 (Shono Takashi) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. (英) Kurabayashi Tohru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yoshihara Hozumi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《吉原 穂積 (Yoshihara Hozumi) @ 口腔科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2018年4月〜》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. (英) Nunthayanon Parakonthun Kulthida
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Principles of the magnetic resonance imaging movie method for articulatory movement.

副題 任意
要約 任意

(日) Magnetic resonance imaging (MRI) has become a critical tool for dental examination. MRI has many advantages over radiographic examination methods, including the lack of a requirement for patient exposure and the ability to capture high-contrast images of various tissue and organ types. However, MRI also has several limitations, including long examination times and the existence of metallic or motion artifacts. A cardiac imaging method using cine sequences was developed in the 1990s. This technique allows for analysis of heart movement and functional blood flow. Moreover, this method has been applied in dentistry. Recent research involving 3 T MRI has led to the achievement of a temporal resolution of < 10 ms, surpassing the frame rate of typical video recording. The current review introduces the history and principles of the cine sequence method and its application to the oral and maxillofacial regions.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oral Radiology([日本歯科放射線学会])
(pISSN: 0911-6028, eISSN: 1613-9674)
ISSN 任意 1613-9674
ISSN: 0911-6028 (pISSN: 0911-6028, eISSN: 1613-9674)
Title: Oral radiology
Title(ISO): Oral Radiol
Supplier: Springer Online Journal Archive
Publisher: Springer Japan
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 35
必須 2
必須 91 100
都市 任意
年月日 必須 2018年 9月 14日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s11282-018-0347-7    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30484204    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

  2. (英) PublicationType: Review