徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 大塚 邦紘/山田 耕一/Taquahashi Yuhji/[新垣 理恵子]/[牛尾 綾]/[齋藤 雅子]/[山田 安希子]/[常松 貴明]/[工藤 保誠]/Kanno Jun/[石丸 直澄]/Long-term polarization of alveolar macrophages to a profibrotic phenotype after inhalation exposure to multi-wall carbon nanotubes./[PLoS ONE]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
349397
EOID
962682
Map
0
LastModified
2019年9月10日(火) 13:18:51
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石丸 直澄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学(2015年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Ohtsuka Kunihiro / (日) 大塚 邦紘 / (読) おおつか くにひろ
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 大塚 邦紘 ([徳島大学.ポストLEDフォトニクス研究所])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Yamada Kohichi / (日) 山田 耕一 / (読) やまだ こういち
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Taquahashi Yuhji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 新垣 理恵子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 牛尾 綾
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 齋藤 雅子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.生体防御医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 山田 安希子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 常松 貴明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Kanno Jun
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Long-term polarization of alveolar macrophages to a profibrotic phenotype after inhalation exposure to multi-wall carbon nanotubes.

副題 任意
要約 任意

(英) Nanomaterials are widely used in various fields. Although the toxicity of carbon nanotubes (CNTs) in pulmonary tissues has been demonstrated, the toxicological effect of CNTs on the immune system in the lung remains unclear. In this study, exposure to Taquann-treated multi-walled CNTs (T-CNTs) was performed using aerosols generated in an inhalation chamber. At 12 months after T-CNT exposure, alveolar inflammation with macrophage accumulation and hypertrophy of the alveolar walls were observed. In addition, fibrotic lesions were enhanced by T-CNT exposure. The macrophages in the bronchoalveolar lavage fluid of T-CNT-exposed mice were not largely shifted to any particular population, and were a mixed phenotype with M1 and M2 polarization. Moreover, the alveolar macrophages of T-CNT-exposed mice produced matrix metalloprotinase-12. These results suggest that T-CNT exposure promoted chronic inflammation and fibrotic lesion formation in profibrotic macrophages for prolonged periods.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 PLoS ONE(Public Library of Science)
(eISSN: 1932-6203)
ISSN 任意 1932-6203
ISSN: 1932-6203 (eISSN: 1932-6203)
Title: PloS one
Title(ISO): PLoS ONE
Publisher: Public Library of Science
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 13
必須 10
必須 e0205702. e0205702.
都市 任意
年月日 必須 2018年 11月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1371/journal.pone.0205702    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30372450    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85055616395
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1371/journal.pone.0205702

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) CoiStatement: The authors have declared that no competing interests exist.