徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [吉田 卓弘]/Miyata Hiroaki/Konno Hiroyuki/Kumamaru Hiraku/[丹黒 章]/[古北 由仁]/Hirahara Norimichi/Wakabayashi Go/Gotoh Mitsukazu/Mori Masaki/Risk assessment of morbidities after right hemicolectomy based on the National Clinical Database in Japan/[Annals of Gastroenterological Surgery]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
349325
EOID
938440
Map
0
LastModified
2019年2月5日(火) 14:32:17
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 吉田 卓弘([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Miyata Hiroaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Konno Hiroyuki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 今野 博行
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kumamaru Hiraku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 丹黒 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 古北 由仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Hirahara Norimichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Wakabayashi Go
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Gotoh Mitsukazu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Mori Masaki
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 森島 真幸
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《實盛 将城 (Jitsumori Masaki) @ 工学部 [学部学生] 2015年4月〜》
    《森本 正樹 (Morimoto Masaki) @ 総合科学部 [学部学生] 2014年4月〜2018年3月》
    《森山 昌紀 (Moriyama Masaki) @ 工学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    《中森 正基 (Nakamori Masaki) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《森本 雅紀 (Morimoto Masaki) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    《中森 正基 (Nakamori Masaki) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    《森 雅紀 (Mori Masaki) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2006年4月〜2010年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
題名 必須

(英) Risk assessment of morbidities after right hemicolectomy based on the National Clinical Database in Japan

副題 任意
要約 任意

(英) Nationwide databases are expected to provide critical data to improve medical practice. The present study used such data to develop risk models for clinically important outcomes after right hemicolectomy based on preoperative risk factors. Japan's National Clinical Database (NCD) identified 38 030 cases of right hemicolectomy in the years 2011 and 2012. These were used to analyze correlations between mortality and eight selected clinical outcomes of interest by Pearson's correlation coefficient (). To construct risk models for the eight selected clinical outcomes, 80% of all the examined cases were extracted randomly as a development cohort, and preoperative risk factors for each clinical outcome were identified using a forward stepwise selection method. Morbidities predicted from the risk models were used to find areas under the receiver operator curves among the remaining 20% of the testing cohort. The following clinical outcomes were identified as highly associated with operative mortality: systemic sepsis ( = .360), renal failure ( = .341), unplanned intubation ( = .316) and central nervous system (CNS) occurrences ( = .301). Risk models containing up to 21 preoperative variables were constructed for these eight postoperative clinical outcomes. Predictive values of the eight models were as follows: surgical site infections (0.634), anastomotic leakage (0.656), systemic sepsis (0.816), pneumonia (0.846), unplanned intubation (0.838), renal failure (0.883), CNS occurrences (0.833) and transfusion >5 units (0.846). This study indicated that the NCD-generated risk models for six of the eight selected critical postoperative outcomes had high discrimination among right hemicolectomy patients. These risk models can accurately identify high-risk patients prior to surgery.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Annals of Gastroenterological Surgery([John Wiley & Sons, Inc.])
(eISSN: 2475-0328)
ISSN 任意 2475-0328
ISSN: 2475-0328 (eISSN: 2475-0328)
Title: Annals of gastroenterological surgery
Title(ISO): Ann Gastroenterol Surg
Publisher: Wiley (John Wiley & Sons)
 (NLM Catalog  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 2
必須 3
必須 220 230
都市 任意
年月日 必須 2018年 4月 16日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/ags3.12067    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29863168    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1002/ags3.12067

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: Japanese National Clinical Database

  4. (英) KeywordList.Keyword: morbidity

  5. (英) KeywordList.Keyword: right hemicolectomy

  6. (英) KeywordList.Keyword: risk model