徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [西野 豪志]/[吉田 卓弘]/[後藤 正和]/[井上 聖也]/湊 拓也/藤原 聡史/[山本 洋太]/[古北 由仁]/湯浅 康弘/山井 礼道/[武知 浩和]/[鳥羽 博明]/[滝沢 宏光]/[吉田 光輝]/[清家 純一]/[三好 孝典]/[丹黒 章]/The effects of the herbal medicine Daikenchuto (TJ-100) after esophageal cancer resection, open-label, randomized controlled trial/[Esophagus]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
349311
EOID
949485
Map
0
LastModified
2019年7月9日(火) 16:54:43
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 西野 豪志([徳島大学.病院.先端医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 吉田 卓弘([徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 後藤 正和([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 井上 聖也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Minato Takuya / (日) 湊 拓也
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《湊 拓也 (Minato Takuya) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Fujiwara Satoshi / (日) 藤原 聡史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 山本 洋太
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 古北 由仁
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Yuasa Yasuhiro / (日) 湯浅 康弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《湯浅 康弘 (Yuasa Yasuhiro) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2006年10月〜2011年9月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  10. (英) Yamai Hiromichi / (日) 山井 礼道
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《山井 礼道 (Yamai Hiromichi) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2005年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  11. 武知 浩和
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 鳥羽 博明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 滝沢 宏光([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 吉田 光輝([徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科]/[徳島大学.病院.診療科.外科.食道・乳腺甲状腺外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 清家 純一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 三好 孝典
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 丹黒 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) The effects of the herbal medicine Daikenchuto (TJ-100) after esophageal cancer resection, open-label, randomized controlled trial

副題 任意
要約 任意

(英) Daikenchuto (TJ-100), a traditional Japanese herbal medicine, is widely used in Japan. Its effects on gastrointestinal motility and microcirculation and its anti-inflammatory effect are known. The purpose of this prospective randomized controlled trial was to investigate the effect of TJ-100 after esophagectomy in esophageal cancer patients. Forty patients for whom subtotal esophageal resection for esophageal cancer was planned at our institute from March 2011 to August 2013 were enrolled and divided into two groups at the point of determination of the operation schedule after informed consent was obtained: a TJ-100 (15 g/day)-treated group (n = 20) and a control group (n = 20). The primary efficacy end-points were maintenance of the nutrition condition and the recovery of gastrointestinal function. The secondary efficacy end-points were the serum C-reactive protein (CRP) level and adrenomedullin level during the postoperative course, the incidence of postoperative complications, and the length of hospital stay after surgery. We examined 39 patients because one patient in the TJ-100 group was judged as having unresectable cancer after surgery. The mean age of the TJ-100 group patients was significantly older than that of the control group patients.The rate of body weight decrease at postoperative day 21 was significantly suppressed in the TJ-100 group (3.6% vs. the control group: 7.0%, p = 0.014), but the serum albumin level was not significantly different between the groups. The recovery of gastrointestinal function regarding flatus, defecation, and oral intake showed no significant between-group differences, but postoperative bowel symptoms tended to be rare in the TJ-100 group. There was no significant between-group difference in the length of hospital stay after surgery. The serum CRP level at postoperative day 3 was 4.9 mg/dl in the TJ-100 group and 6.9 mg/dl in the control group, showing a tendency of a suppressed serum CRP level in the TJ-100 group (p = 0.126). The rate of increase in adrenomedullin tended to be high postoperatively, but there was no significant difference between the two groups. TJ-100 treatment after esophageal cancer resection has the effects of prompting the recovery of gastrointestinal motility and minimizing body weight loss, and it might suppress the excess inflammatory reaction related to surgery.

キーワード 推奨
  1. (英) Adrenomedullin
  2. (英) Aged
  3. (英) C-Reactive Protein
  4. (英) Defecation
  5. (英) Eating
  6. (英) Esophageal Neoplasms
  7. (英) Esophagectomy
  8. (英) Female
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
  9. (英) Gastrointestinal Tract
  10. (英) Humans
  11. (英) Length of Stay
  12. (英) Male
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [キーワード] 女性 (female)
    [キーワード] 男性 (male)
  13. (英) Middle Aged
  14. (英) Nutritional Status
  15. (英) Phytotherapy
  16. (英) Plant Extracts
  17. (英) Postoperative Complications
  18. (英) Prospective Studies
  19. (英) Recovery of Function
  20. (英) Serum Albumin
  21. (英) Weight Loss
発行所 推奨
誌名 必須 Esophagus(日本食道学会)
(pISSN: 1612-9059, eISSN: 1612-9067)
ISSN 任意 1612-9067
ISSN: 1612-9059 (pISSN: 1612-9059, eISSN: 1612-9067)
Title: Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society
Title(ISO): Esophagus
Publisher: Springer Japan
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 15
必須 2
必須 75 82
都市 任意
年月日 必須 2018年 4月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1007/s10388-017-0601-9    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29892933    (→Scopusで検索)
NAID 任意 40021525944
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85038619573
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (日) 「国際会議」として同タイトルの別データ有り EID=346303

  2. (英) Article.ELocationID: 10.1007/s10388-017-0601-9

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Randomized Controlled Trial

  5. (英) KeywordList.Keyword: Adrenomedullin

  6. (英) KeywordList.Keyword: Daikenchuto

  7. (英) KeywordList.Keyword: Esophageal cancer

  8. (英) KeywordList.Keyword: Esophagectomy

  9. (英) KeywordList.Keyword: TJ-100