徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [河北 直也]/[鳥羽 博明]/[先山 正二]/[澤田 徹]/[坪井 光弘]/[吉田 光輝]/[川上 行奎]/[滝沢 宏光]/[近藤 和也]/[丹黒 章]/選択的肺葉ブロックを用いた肺切除の2例/[四国医学雑誌]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
349250
EOID
938449
Map
0
LastModified
2019年2月5日(火) 16:59:33
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近藤 和也
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 河北 直也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 鳥羽 博明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 先山 正二
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 澤田 徹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 坪井 光弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 吉田 光輝
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 川上 行奎([徳島大学.病院.中央診療施設等.地域外科診療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 滝沢 宏光([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学]/[徳島大学.病院.診療科.外科.呼吸器外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 近藤 和也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.看護学系.臨床腫瘍医療学]/[徳島大学.医学部.保健学科.看護学専攻.成人·高齢者看護学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 丹黒 章([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.胸部・内分泌・腫瘍外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Selective lobar blockade for lung resection : A report of two cases

(日) 選択的肺葉ブロックを用いた肺切除の2例

副題 任意
要約 任意

(日) There are cases in which one-lung ventilation is difficult due to contralateral lung resection or low lung function. Selective lobar blockade can improve oxygenation compared with one-lung ventilation and secure a good operative field by inducing partial collapse. We report two cases of lung resection involving selective lobar blockade. (Case1) An 80-year-old female had previously undergone right upper and middle lobectomy for multiple lung tumors. Surgery was scheduled to remove a 7‐mm ground glass opacity from the upper left lobe. Oral intubation was performed (inner diameter of intubation tube:8mm). Next, the left upper lobe bronchus was blocked with a7Fr Arndt blocker under bronchoscopy, and partial resection of the left upper lobe was conducted. (Case2) A 75-year-old male had previously undergone right upper lobectomy for pulmonary tuberculosis and had developed right chronic empyema. Surgery was scheduled to remove a 22-mm nodule from the left lingular segment. Oral intubation was performed(inner diameter of intubation tube:8.5mm). Next, the left lingual bronchus was blocked with a7Fr Arndt blocker under bronchoscopy. Left lingular segmentectomy was carried out under thoracoscopic assistance. Intraoperative oxygenation was maintained in both cases, and the release of the block due to hypoxemia was not required in either case.

キーワード 推奨
  1. 肺癌(lung cancer)
  2. (英) surgery
  3. 麻酔(anesthesia)
  4. (英) blocker
発行所 推奨 徳島医学会
誌名 必須 四国医学雑誌([徳島医学会])
(pISSN: 0037-3699)
ISSN 任意 0037-3699
ISSN: 0037-3699 (pISSN: 0037-3699)
Title: 四国医学雑誌
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Igakkai
 (Webcat Plus  (医中誌Web  (Scopus (Scopus information is found. [need login])
必須 74
必須 1,2
必須 55 60
都市 任意
年月日 必須 2018年 4月 25日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/120006464493/
DOI 任意
PMID 任意
NAID 任意 120006464493
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意