徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 美井野 優/[上田 哲史]/ジョセフソン接合素子における非線形コンダクタンスの改善表現による分岐構造への影響/[Complexity]/[上田 哲史]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
346733
EOID
957440
Map
0
LastModified
2019年8月20日(火) 16:01:37
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
上田 哲史
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 支援業務
共著種別 推奨 単独著作(徳島大学内の単一の研究グループ(研究室等)内の研究 (単著も含む))
学究種別 推奨 博士後期課程学生による研究報告
組織 推奨
  1. 徳島大学.情報センター(2010年7月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Miino Yuu / (日) 美井野 優 / (読) みいの ゆう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Influence of bifurcation structures revealed by refinement of a nonlinear conductance in Josephson junction element

(日) ジョセフソン接合素子における非線形コンダクタンスの改善表現による分岐構造への影響

副題 任意
要約 任意

(英) We conduct a bifurcation analysis of a single-junction superconducting quantum interferometer with an external flux. We approximate the current-voltage characteristics of the conductance in the equivalent circuit of the JJ by using two types of function: a linear function and a piecewise linear (PWL) function. We describe a method to compute the local stability of the solution orbit and to solve the bifurcation problem. As the result, we reveal the bifurcation structure of the systems in a two-dimensional parameter plane. By making a comparison between the linear and PWL cases, we find a difference in the shapes of their bifurcation sets in the two-dimensional parameter plane even though there are no differences in the one-dimensional bifurcation diagrams or the trajectories. As for the influence of piecewise linearization, we discovered that grazing bifurcations terminate the calculation of the local bifurcations, because they drastically change the stability of the periodic orbit.

(日) 外部磁束によってドライブされるSQUID における分岐現象を検討した.コンダクタンス成分を線形,ならびに区分線形で近似表現した場合のジョセフソン接合素子の特性を検討した.分岐問題の解法について記述した. 結果として,パラメータ平面における分岐構造を明らかにできた.線形および区分線形コンダクタンスのそれぞれの結果を比較し,一次元分岐図や相図では見出すことができなかった相違を発見することができた.また,grazing 分岐が区分線形系では発生し,他の分岐を終端させていることも判った.

キーワード 推奨
発行所 推奨 (英) Hindawi
誌名 必須 Complexity(Hindawi)
(pISSN: 1076-2787, eISSN: 1099-0526)
ISSN 任意 1076-2787
ISSN: 1076-2787 (pISSN: 1076-2787, eISSN: 1099-0526)
Title: Complexity
Title(ISO): Complexity
Publisher: Hindawi
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 ---
必須 8931525
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2018年 12月 2日
URL 任意
DOI 任意 10.1155/2018/8931525    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112949
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
  1. 上田 哲史([徳島大学.情報センター]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
備考 任意