徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 影本 開三/[岡本 耕一]/髙岡 遠/[佐藤 康史]/[北村 晋志]/[木村 哲夫]/[曽我部 正弘]/[宮本 弘志]/[六車 直樹]/[常山 幸一]/[高山 哲治]/Detection of aberrant crypt foci with image-enhanced endoscopy./[Endoscopy International Open]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
341969
EOID
960342
Map
0
LastModified
2019年8月29日(木) 11:47:40
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
高山 哲治
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Kagemoto Kaizo / (日) 影本 開三 / (読) かげもと かいぞう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 岡本 耕一([徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Takaoka Tohshi / (日) 髙岡 遠 / (読) たかおか とおし
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 佐藤 康史([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域消化器・総合内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 北村 晋志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 木村 哲夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 曽我部 正弘([徳島大学.キャンパスライフ健康支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 宮本 弘志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.消化器内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 六車 直樹
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 常山 幸一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.疾患病理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 高山 哲治([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.消化器内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Detection of aberrant crypt foci with image-enhanced endoscopy.

副題 任意
要約 任意

(英) Conventional detection of aberrant crypt foci (ACF) with dye-spraying and magnifying observation is labor- and skill-intensive. We performed a prospective non-inferiority study to investigate the utility of image-enhanced endoscopy (IEE) for detection of ACF. Patients with a history of colorectal neoplasm were eligible. The number of ACF in the lower rectum was counted first using IEE magnification with narrow-band imaging (NBI) or blue-laser imaging (BLI), and subsequently using the methylene blue method. The primary endpoint was the ACF detection rate with IEE, i. e., the number of ACF detected with IEE relative to the number of ACF detected with methylene blue. The secondary endpoints were bowel preparation time, ACF detection time, and the detection rate with NBI or BLI. A total of 40 patients were enrolled (NBI 20 and BLI 20). The overall detection rate for ACF with IEE was 81.7 % (503/616; 95 %CI 78.8 - 84.6 %), meeting the primary endpoint. The detection rate for ACF with BLI (84.9 %, 258/304) was significantly higher than with NBI (78.5 %, 245/312; < 0.05). Both bowel preparation time and ACF detection time were significantly shorter with IEE versus the methylene blue method ( < 0.01, respectively). The detection rates for dysplastic and non-dysplastic ACF with IEE were 84.4 % (27/32) and 80.3 % (469/584), respectively. IEE is able to detect ACF during colonoscopy with sensitivity non-inferior to that of the conventional methylene blue method. IEE is simpler than the methylene blue method and is therefore a potentially useful new tool for ACF detection.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Endoscopy International Open([Georg Thieme Verlag])
(pISSN: 2364-3722, eISSN: 2196-9736)
ISSN 任意 2364-3722
ISSN: 2364-3722 (pISSN: 2364-3722, eISSN: 2196-9736)
Title: Endoscopy international open
Title(ISO): Endosc Int Open
Publisher: Georg Thieme Verlag KG
 (NLM Catalog  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 6
必須 8
必須 E924 E933
都市 任意
年月日 必須 2018年 8月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1055/a-0621-8794    (→Scopusで検索)
PMID 任意 30123821    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1055/a-0621-8794

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article