徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [藤井 志朗]/[中村 信元]/Oda Asuka/[三木 浩和]/[天眞 寛文]/[寺町 順平]/[日浅 雅博]/Bat-Erdene Ariunzaya/Maeda Yusaku/[大浦 雅博]/Takahashi Mamiko/Iwasa Masami/[遠藤 逸朗]/[吉田 守美子]/[粟飯原 賢一]/[倉橋 清衛]/[原田 武志]/[賀川 久美子]/[中尾 允泰]/[佐野 茂樹]/[安倍 正博]/Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity./[British Journal of Haematology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
341053
EOID
974272
Map
0
LastModified
2020年3月17日(火) 09:37:50
Operator
日浅 雅博
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
日浅 雅博
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 藤井 志朗([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 中村 信元
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Oda Asuka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 三木 浩和([徳島大学.病院.中央診療施設等.輸血・細胞治療部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 天眞 寛文([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 寺町 順平
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 日浅 雅博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Bat-Erdene Ariunzaya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Maeda Yusaku
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 大浦 雅博([徳島大学.病院.中央診療施設等.徳島県地域医療支援センター])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Takahashi Mamiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Iwasa Masami
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. 吉田 守美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).実践地域診療・医科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. 倉橋 清衛([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域呼吸器・血液・代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. 原田 武志([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.血液内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. 賀川 久美子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  19. 中尾 允泰([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  20. 佐野 茂樹([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.薬学域.薬科学部門.創薬科学系.分子創薬化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  21. 安倍 正博
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Unique anti-myeloma activity by thiazolidine-2,4-dione compounds with Pim inhibiting activity.

副題 任意
要約 任意

(英) Proviral Integrations of Moloney virus 2 (PIM2) is overexpressed in multiple myeloma (MM) cells, and regarded as an important therapeutic target. Here, we aimed to validate the therapeutic efficacy of different types of PIM inhibitors against MM cells for their possible clinical application. Intriguingly, the thiazolidine-2,4-dione-family compounds SMI-16a and SMI-4a reduced PIM2 protein levels and impaired MM cell survival preferentially in acidic conditions, in contrast to other types of PIM inhibitors, including AZD1208, CX-6258 and PIM447. SMI-16a also suppressed the drug efflux function of breast cancer resistance protein, minimized the sizes of side populations and reduced in vitro colony-forming capacity and in vivo tumourigenic activity in MM cells, suggesting impairment of their clonogenic capacity. PIM2 is known to be subject to ubiquitination-independent proteasomal degradation. Consistent with this, the proteasome inhibitors bortezomib and carfilzomib increased PIM2 protein levels in MM cells without affecting its mRNA levels. However, SMI-16a mitigated the PIM2 protein increase and cooperatively enhanced anti-MM effects in combination with carfilzomib. Collectively, the thiazolidine-2,4-dione-family compounds SMI-16a and SMI-4a uniquely reduce PIM2 protein in MM cells, which may contribute to their profound efficacy in addition to their immediate kinase inhibition. Their combination with proteasome inhibitors is envisioned.

キーワード 推奨
  1. (英) Animals
  2. (英) Antineoplastic Agents
  3. (英) Cell Line, Tumor
  4. (英) Cell Survival
  5. (英) Cell Transformation, Neoplastic
  6. (英) Disease Models, Animal
  7. (英) Humans
  8. (英) Hydrogen-Ion Concentration
  9. (英) Mice
  10. (英) Multiple Myeloma
  11. (英) Proteasome Inhibitors
  12. (英) Protein-Serine-Threonine Kinases
  13. (英) Proteolysis
  14. (英) Proto-Oncogene Proteins
  15. (英) Thiazolidinediones
発行所 推奨
誌名 必須 British Journal of Haematology(British Society for Haematology)
(pISSN: 0007-1048, eISSN: 1365-2141)
ISSN 任意 1365-2141
ISSN: 0007-1048 (pISSN: 0007-1048, eISSN: 1365-2141)
Title: British journal of haematology
Title(ISO): Br J Haematol
Supplier: British Society for Haematology
Publisher: Blackwell
 (NLM Catalog  (Wiley  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 180
必須 2
必須 246 258
都市 任意
年月日 必須 2018年 1月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.1111/bjh.15033    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29327347    (→Scopusで検索)
CRID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85040344893
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1111/bjh.15033

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Research Support, Non-U.S. Gov't

  4. (英) KeywordList.Keyword: 4-dione compounds

  5. (英) KeywordList.Keyword: PIM2

  6. (英) KeywordList.Keyword: breast cancer resistance protein

  7. (英) KeywordList.Keyword: multiple myeloma

  8. (英) KeywordList.Keyword: proteasome inhibitor

  9. (英) KeywordList.Keyword: thiazolidine-2