徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [長井 幸二郎]/[小野 広幸]/[松浦 元一]/Hann Michael/上田 紗代/[吉本 咲耶]/[田蒔 昌憲]/[村上 太一]/[安部 秀斉]/Ishikura Hisashi/[土井 俊夫]/Progressive renal insufficiency related to ALK inhibitor, alectinib./[Oxford Medical Case Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
341008
EOID
949729
Map
0
LastModified
2019年7月12日(金) 14:43:03
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
長井 幸二郎
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 長井 幸二郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 小野 広幸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 松浦 元一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Hann Michael
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Ueda Sayo / (日) 上田 紗代 / (読) うえだ さよ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. 吉本 咲耶
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 田蒔 昌憲([徳島大学.病院.先端医科医療開発研究プロジェクト]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.検査部]/[徳島大学.病院.診療科.内科.腎臓内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 村上 太一
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 安部 秀斉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (英) Ishikura Hisashi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 土井 俊夫
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Progressive renal insufficiency related to ALK inhibitor, alectinib.

副題 任意
要約 任意

(英) Alectinib is a second generation anaplastic lymphoma kinase (ALK) tyrosine kinase inhibitor and is generally effective and tolerated in patients who have demonstrated disease progression or adverse effects while on the first generation inhibitor, crizotinib. ALK inhibitors can cause a reversible chronic increase of serum creatinine concentration; however, they rarely induce progressive renal insufficiency. We herein report a case of a 68-year-old woman diagnosed with ALK-positive advanced non-small cell lung cancer and who received ALK inhibitors. Due to dysgeusia and transaminitis, her medication was switched from crizotinib to alectinib. Rapid progressive glomerulonephritis developed 1 year after the initiation of alectinib treatment. A renal biopsy revealed unique kidney lesions in both tubules and glomeruli. Glucocorticoid therapy partially reversed kidney impairment. However, re-administration of alectinib caused kidney dysfunction, which was improved by the cessation of alectinib. Our case suggests that much attention should be paid to kidney function when using ALK inhibitors.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Oxford Medical Case Reports([Oxford University Press])
(eISSN: 2053-8855)
ISSN 任意 2053-8855
ISSN: 2053-8855 (eISSN: 2053-8855)
Title: Oxford medical case reports
Title(ISO): Oxf Med Case Reports
Publisher: Oxford University Press
 (NLM Catalog  (CrossRef (No Scopus information.)
必須 2018
必須 4
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2018年 4月 25日
URL 任意
DOI 任意 10.1093/omcr/omy009    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29713488    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article