徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 多田 英介/[藤原 奈津美]/[常松 貴明]/Tada Yoshiko/[新垣 理恵子]/[玉木 直文]/[石丸 直澄]/[工藤 保誠]/Preventive effects of mouthguard use while sleeping on recurrent aphthous stomatitis: Preliminary interventional study./[Clinical and Experimental Dental Research]/[工藤 保誠]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
340898
EOID
915604
Map
0
LastModified
2018年7月27日(金) 15:16:12
Operator
石丸 直澄
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
石丸 直澄
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Tada Hidesuke / (日) 多田 英介 / (読) ただ ひですけ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 藤原 奈津美([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.口腔保健学系.口腔保健支援学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. 常松 貴明([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Tada Yoshiko
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 新垣 理恵子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 玉木 直文([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.予防歯学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 石丸 直澄([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔分子病態学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Preventive effects of mouthguard use while sleeping on recurrent aphthous stomatitis: Preliminary interventional study.

副題 任意
要約 任意

(日) Recurrent aphthous stomatitis (RAS) is the most common inflammatory ulceration in the oral mucosa of otherwise healthy individuals and is often accompanied by severe pain. However, the etiology of RAS is not completely understood, and currently, no therapy can completely prevent RAS recurrence. In our clinical experience, we noticed that patients using a night guard, which is often used for bruxism treatment, did not develop RAS. Therefore, the aim of this study was to determine whether mouthguard use can suppress RAS development. The cohort of this interventional, prospective, single-center, and self-controlled study included 20 subjects who developed RAS at least once a month. The oral health of all the subjects was recorded for 60 days before and after intervention with a mouthguard. The average number of RAS incidences decreased from 5.5 to 1.0, the average days until healing decreased from 7.3 to 5.6, and the period with RAS decreased from 31.5 to 5.0 with mouthguard use. Mouthguard use may be beneficial for preventing RAS development.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Clinical and Experimental Dental Research([John Wiley & Sons, Inc.])
(eISSN: 2057-4347)
ISSN 任意 2057-4347
ISSN: 2057-4347 (eISSN: 2057-4347)
Title: Clinical and experimental dental research
Title(ISO): Clin Exp Dent Res
Publisher: John Wiley & Sons Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 3
必須 5
必須 198 203
都市 任意
年月日 必須 2017年 10月 11日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/cre2.88    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29744201    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
  1. 工藤 保誠([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.基礎歯学系.口腔生命科学])
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article