徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [佐藤 紀]/[東野 恒作]/[酒井 紀典]/Terai Tomoya/Goel Vijay K/Biyani Ashok/Ebraheim Nabil/[髙田 洋一郎]/[林 二三男]/[山下 一太]/Morimoto Masatoshi/[眞鍋 裕昭]/[西良 浩一]/Role of Epiligament in Ligamentum Flavum Hypertrophy in Patients with Lumbar Spinal Canal Stenosis:a Pilot Study./[The Journal of Medical Investigation : JMI]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
340870
EOID
938255
Map
0
LastModified
2019年1月31日(木) 11:13:50
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 佐藤 紀([徳島大学.病院.中央診療施設等.リハビリテーション部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 東野 恒作
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Terai Tomoya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Goel Vijay K
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Biyani Ashok
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Ebraheim Nabil
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 髙田 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 林 二三男
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 山下 一太([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. (英) Morimoto Masatoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  12. 眞鍋 裕昭
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  13. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(日) Role of Epiligament in Ligamentum Flavum Hypertrophy in Patients with Lumbar Spinal Canal Stenosis:a Pilot Study.

副題 任意
要約 任意

(英) Ligamentum flavum (LF) hypertrophy is one of the main factors of lumbar spinal canal stenosis (LSCS). The primary object of this study is to clarify the existence of epiligament in the LF and its role in hypertrophy, and to develop an LF hypertrophy animal model. A cadaveric spine from a 30-year-old man was used to investigate the existence of epiligament in LF. Five LF samples from LSCS patients were obtained to evaluate hypertrophied LF. To create a rat model, we destabilized the lumbar spine. Each LF was sagittally cut for histological evaluation. The epiligament was clearly evident in normal LF specimens, which stained pink on Elastica van Gieson and green on Masson Trichrome. One layer was observed on the dural side and another on the dorsal side of the LF. LSCS patients had an enlarged dorsal epiligament, at around 30 times that of the regular thin epiligament on the dural side. The destabilized rat model showed an enlarged dorsal epiligament, with a mean thickness 8-fold that of the control. LF hypertrophy may be due to enlargement of the dorsal epiligament. Mechanical loading of the LF is an important factor for inducing hypertrophy in the rat model. J. Med. Invest. 65:85-89, February, 2018.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 The Journal of Medical Investigation : JMI([徳島大学.医学部])
(pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
ISSN 任意 1349-6867
ISSN: 1343-1420 (pISSN: 1343-1420, eISSN: 1349-6867)
Title: The journal of medical investigation : JMI
Title(ISO): J Med Invest
Supplier: 徳島大学
Publisher: Tokushima Daigaku Igakubu
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 65
必須 1.2
必須 85 89
都市 任意
年月日 必須 2018年 0月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.2152/jmi.65.85    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29593200    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article