徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [鈴木 良尚]/[津下 英明]/本同 宏成/[加藤 有介]/植原 悠太/[真板 宣夫]/細川 晃平/[上田 昭子]/Precipitant-free lysozyme crystals grown by centrifugal concentration reveal structural changes/[Crystal Growth & Design]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
340409
EOID
933130
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:57:54
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
鈴木 良尚
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術レター(ショートペーパー)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 物質機能化学(〜2016年3月31日)
著者 必須
  1. 鈴木 良尚([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 津下 英明(徳島文理大学健康科学研究所)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Hondoh Hironori / (日) 本同 宏成 / (読) ほんどう ひろのり
    役割 任意 共著
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 加藤 有介([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Uehara Yuta / (日) 植原 悠太 / (読) うえはら ゆうた
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《植原 悠太 (Uehara Yuta) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《植原 悠太 (Uehara Yuta) @ 工学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. 真板 宣夫([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Hosokawa Kohei / (日) 細川 晃平 / (読) ほそかわ こうへい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《細川 晃平 (Hosokawa Kohei) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《細川 晃平 (Hosokawa Kohei) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 上田 昭子([分析・解析技術分野]/[徳島大学.技術支援部.常三島技術部門.分析グループ])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Precipitant-free lysozyme crystals grown by centrifugal concentration reveal structural changes

副題 任意
要約 任意

(英) The three-dimensional (3D) structure of a protein molecule in its crystal need not correspond to that found in vivo in many cases, since we usually crystallize protein molecules using precipitants (salts, organic solvents, polymeric electrolytes, etc.), and the precipitants are often incorporated into crystals along with the protein molecules. Although precipitant-free crystallization methods would solve these problems, such methods had not yet been established. We have achieved a novel precipitant-free crystallization method by liquid-liquid phase separation during the centrifugal concentration of lysozyme in ultra-pure water. In the 3D structure of the precipitant-free crystal, lysozyme loses a sodium cation and changes the position of Ser 72. Deionization of the solution also appears to induce a change in the position of Asp 101 and an increase in the activity of lysozyme.

キーワード 推奨
  1. (英) precipitant-free
  2. (英) lysozyme
  3. (英) centrifugal concentration
  4. (英) synchrotron x-ray crystallography
発行所 推奨 アメリカ化学会
誌名 必須 Crystal Growth & Design([アメリカ化学会])
(pISSN: 1528-7483, eISSN: 1528-7505)
ISSN 任意 1528-7483
ISSN: 1528-7483 (pISSN: 1528-7483, eISSN: 1528-7505)
Title: Crystal growth & design
Title(ISO): Cryst Growth Des
Publisher: American Chemical Society
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 18
必須 8
必須 4226 4229
都市 任意
年月日 必須 2018年 7月 13日
URL 任意
DOI 任意 10.1021/acs.cgd.8b00326    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112469
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意