徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Nguyen BC/Kim SA/Won SM/Park SK/[宇都 義浩]/Maruta Hiroshi/1,2,3-Triazolyl ester of ketorolac (15K): Boosting both heat-endurance and lifespan of C. elegans by down-regulating PAK1 at nM levels/[Drug Discoveries & Therapeutics]/[宇都 義浩]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
340170
EOID
925904
Map
0
LastModified
2018年9月21日(金) 15:18:23
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
宇都 義浩
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国際共著(徳島大学内研究者と国外研究機関所属研究者との共同研究)
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域(2017年4月1日〜)
著者 必須
  1. (英) Nguyen BC
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kim SA
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 青木 正弘 ([徳島大学.事務局.学務部.学生支援課])
    [個人] 岡崎 雅子
    [個人] 神田 幸正
    [個人] 木村 雅子
    [個人] 木村 昌史
    [個人] 佐伯 雅宣
    [個人] 榊 美佳
    [個人] 先村 律雄 ([徳島大学.工学部.建設工学科])
    [個人] 佐々木 幹人 ([徳島大学.事務局.監査室])
    [個人] 佐々木 幹治 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.放射線科学系.放射線治療学])
    [個人] 鈴木 雅雄
    [個人] 瀧本 理
    [個人] 田蒔 昌憲 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.腎臓内科学]/[徳島大学.病院.中央診療施設等.検査部])
    [個人] 中瀧 理仁 ([徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.精神科神経科])
    [個人] 仁木 昌徳 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.眼科学])
    [個人] 三木 正幸
    [個人] 三崎 昌和 ([香川県歯科医師会])
    [個人] 山﨑 幹雄
    [個人] 横関 雅彦
    [個人] 米崎 正則 ([徳島大学.蔵本事務部.歯学部事務課])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《村上 幸正 (Murakami Yukimasa) @ 理工学部 [学部学生] 2018年4月〜》
    《木村 慧 (Kimura Satoru) @ 理工学部 [学部学生] 2018年4月〜》
    《木村 雅司 (Kimura Masashi) @ 保健科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2017年4月〜》
    《渡邊 咲仁 (Watanabe Sakimi) @ 医学部 [学部学生] 2015年4月〜》
    《紀本 彩佳 (Kimoto Sayaka) @ 医学部 [学部学生] 2014年4月〜》
    《鈴木 彰真 (Suzuki Akimasa) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2017年4月〜2019年3月》
    《大久保 行将 (Okubo Yukimasa) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2017年3月》
    《関本 美沙 (Sekimoto Misa) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2015年4月〜2017年3月》
    《國枝 之雅 (Kunieda Yukimasa) @ 総合科学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    《鈴木 彰真 (Suzuki Akimasa) @ 工学部 [学部学生] 2013年4月〜2017年3月》
    《関本 美沙 (Sekimoto Misa) @ 工学部 [学部学生] 2011年4月〜2015年3月》
    《木村 白陽花 (Kimura Sahika) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2010年4月〜2015年3月》
    《瀧本 理砂 (Takimoto Risa) @ 保健科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2015年2月》
    《武市 明才 (Takeichi Akimasa) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2008年4月〜2014年9月》
    《木村 三千里 (Kimura Michisato) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    《河合 亨昌 (Kawai Yukimasa) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2012年4月〜2014年3月》
    ---(他)---
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Won SM
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Park SK
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Maruta Hiroshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) 1,2,3-Triazolyl ester of ketorolac (15K): Boosting both heat-endurance and lifespan of C. elegans by down-regulating PAK1 at nM levels

副題 任意
要約 任意

(英) PAK1 (RAC/CDC42-activated kinase 1) is the major oncogenic/ageing kinase, and its dysfunction extends the healthy lifespan of C. elegans by activating HSP16 gene. 15K is a highly cell-permeable 1,2,3-triazolyl ester of ketorolac that down-regulates both PAK1 and its down-stream COX-2 in R- and S-forms, respectively. 15K is 500-5,000 times more potent than ketorolac, an old pain-killer, inhibiting the growth of cancer cell lines with IC50 ranging 5-24 nM. Scores of natural and synthetic PAK1-blockers have been shown to extend the lifespan of small animals such as C. elegans, but none of them has been effective at nM levels. Thus, we examined in vivo effect of 15K at nM levels on the survival rate of C. elegans with or without heat-shock. Like the PAK1-deficient mutant, 15K (at 50 nM)-treated worm significantly lives longer, is far more heat-resistant and less productive (fertile) than the non-treated counterpart, with an increased expression of HSP16 gene. 15K has been proven to be among the most potent anti-cancerous and longevity-promoting PAK1-blockers, and therefore has a potential to treat a variety of solid tumours without severe side effect.

キーワード 推奨
  1. (英) 1,2,3-triazolyl ester
  2. (英) C. elegans
  3. (英) Ketorolac
  4. (英) PAK1
  5. (英) anti-cancer
  6. (英) lifespan
発行所 推奨
誌名 必須 Drug Discoveries & Therapeutics(Shandong da xue zhong ri yao wu shai xuan zhongxin/International Advancement Center for Medicine & Health Research)
(pISSN: 1881-7831, eISSN: 1881-784X)
ISSN 任意 1881-7831
ISSN: 1881-7831 (pISSN: 1881-7831, eISSN: 1881-784X)
Title: Drug discoveries & therapeutics
Title(ISO): Drug Discov Ther
Supplier: 特定非営利活動法人 バイオ&ソーシャル・サイエンス推進国際研究交流会
Publisher: International Advancement Center for Medicine & Health Research Co., Ltd. (IACMHR Co., Ltd.)
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 12
必須 2
必須 92 96
都市 任意
年月日 必須 2018年 7月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.5582/ddt.2018.01018    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29760342    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
  1. 宇都 義浩([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.生物資源産業学域.応用生命系.応用生物資源学分野]/[徳島大学.生物資源産業学部.生物資源産業学科.応用生命講座])
備考 任意