徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 加藤 裕樹/新田 真也/島津 匠/[倉科 昌]/[加藤 雅裕]/二宮 航/[杉山 茂]/Effect of Introduction of Trace Amount of Chromium Species in Improving Catalytic Performance of MCM-48 in Oxidative Dehydrogenation of Isobutane/[Journal of Chemical Engineering of Japan]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
339828
EOID
941100
Map
0
LastModified
2019年3月19日(火) 13:39:22
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
杉山 茂
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国内共著(徳島大学内研究者と国内(学外)研究者との共同研究 (国外研究者を含まない))
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野(2017年4月1日〜)
  2. 徳島大学.先端技術科学教育部.物質生命システム工学専攻.化学機能創生コース.化学プロセス工学講座(2012年4月1日〜)
  3. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.フロンティア研究センター.資源循環研究部門.環境エネルギー創生分野(〜2018年3月31日)
著者 必須
  1. (英) Kato Yuki / (日) 加藤 裕樹 / (読) かとう ゆうき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Nitta Shinya / (日) 新田 真也 / (読) にった しんや
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Shimazu Sho / (日) 島津 匠 / (読) しまず しょう
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. 倉科 昌([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.物質機能化学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.物質機能化学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 加藤 雅裕([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Ninomiya Wataru / (日) 二宮 航 / (読) にのみや わたる
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 杉山 茂([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.応用化学系.化学プロセス工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.応用化学システムコース.化学プロセス工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effect of Introduction of Trace Amount of Chromium Species in Improving Catalytic Performance of MCM-48 in Oxidative Dehydrogenation of Isobutane

副題 任意
要約 任意

(英) The catalytic performance of MCM-48 was greatly improved by the introduction of a small amount of chromium during the oxidative dehydrogenation of isobutane. Various characterization procedures such as XRD, N2 adsorption-desorption isotherms, TEM, NH3-TPD, XPS, and XAFS were used to clarify the role that chromium played in the improvement, and XPS and XAFS returned the most valuable information. Both measurements revealed that the chromium species existed as Cr6+ inside the framework of MCM-48 before oxidative dehydrogenation, but was reduced to Cr3+ during the reaction. The characteristic pore nature of MCM-48 also contributed to an enhancement of the selectivity to isobutene via a suppression of any consecutive oxidation reactions.

キーワード 推奨
  1. (英) Oxidative dehydrogenation
  2. (英) Isobutane
  3. (英) Isobutene
  4. (英) MCM-48
  5. (英) Chromium
発行所 推奨 社団法人 化学工学会
誌名 必須 Journal of Chemical Engineering of Japan([社団法人 化学工学会])
(pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
ISSN 任意 0021-9592
ISSN: 0021-9592 (pISSN: 0021-9592, eISSN: 1881-1299)
Title: JOURNAL OF CHEMICAL ENGINEERING OF JAPAN
Supplier: 公益社団法人 化学工学会
Publisher: Society of Chemical Engineers Japan
 (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 52
必須 1
必須 99 105
都市 任意 東京(Tokyo/[日本国])
年月日 必須 2019年 1月 末日
URL 任意
DOI 任意 10.1252/jcej.18we028    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85062808327
評価値 任意 ****
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意