徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Asada Yoshimasa/Morimoto Yoshiharu/Nakaoka Yoshiharu/Yamasaki Takahiro/Suehiro Yutaka/Sugimoto Hikaru/Yoshida Masayuki/[苛原 稔]/Age-specific serum anti-Müllerian hormone concentration in Japanese women and its usefulness as a predictor of the ovarian response./[Reproductive Medicine and Biology]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
339185
EOID
939663
Map
0
LastModified
2019年3月2日(土) 20:41:10
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
苛原 稔
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Asada Yoshimasa
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Morimoto Yoshiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Nakaoka Yoshiharu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Yamasaki Takahiro
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《山崎 貴大 (Yamasaki Takahiro) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2014年4月〜2016年3月》
    《山崎 貴大 (Yamasaki Takahiro) @ 工学部 [学部学生] 2010年4月〜2014年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. (英) Suehiro Yutaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Sugimoto Hikaru
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《杉本 光 (Sugimoto Hikaru) @ 工学部 [学部学生] 2008年4月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. (英) Yoshida Masayuki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《吉田 将之 (Yoshida Masayuki) @ 工学部 [学部学生] 2006年4月〜2010年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  8. 苛原 稔([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.産科婦人科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Age-specific serum anti-Müllerian hormone concentration in Japanese women and its usefulness as a predictor of the ovarian response.

副題 任意
要約 任意

(英) To compare the ovarian response predictive ability of anti-Müllerian hormone (AMH), follicle-stimulating hormone (FSH), and estradiol (E2) and to determine the age-specific distribution of serum AMH concentrations of Japanese women. This was a multicenter (four-site), observational, analytic, cross-sectional Japanese study consisting of two parts: Study 1 (the prediction of the ovarian response of 236 participants who were undergoing controlled ovarian stimulation [COS]) and Study 2 (the distribution of the AMH concentration with an assay of 417 healthy women who were aged 20-49 years and who had normal menstrual cycles). The AMH had a significantly higher predictive value for the normal and high responders than FSH and E2 as a stronger correlation between the ovarian response and AMH was observed than for FSH and E2. The serum AMH concentration decreased proportionally with age. The AMH concentration correlated well with the oocyte count in the patients who were undergoing COS for in vitro fertilization and was shown to predict the risk of ovarian hyperstimulation syndrome among these patients.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Reproductive Medicine and Biology(日本生殖医学会/日本アンドロロジー学会/日本受精着床学会)
(pISSN: 1445-5781, eISSN: 1447-0578)
ISSN 任意 1445-5781
ISSN: 1445-5781 (pISSN: 1445-5781, eISSN: 1447-0578)
Title: Reproductive medicine and biology
Title(ISO): Reprod. Med. Biol.
Publisher: Springer Japan
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 16
必須 4
必須 364 373
都市 任意
年月日 必須 2017年 9月 18日
URL 任意
DOI 任意 10.1002/rmb2.12055    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29259490    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112968
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.1002/rmb2.12055

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: Japanese

  4. (英) KeywordList.Keyword: anti-Müllerian hormone

  5. (英) KeywordList.Keyword: oocyte retrieval

  6. (英) KeywordList.Keyword: ovarian reserve

  7. (英) KeywordList.Keyword: ovulation induction