徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 高原 由衣/佐藤 公美/竹山 孝明/坂本 幸/青木 俊仁/伊藤 美幸/池田 美穂/田上 真希/吉田 充嬉/岡田 規秀/[宇高 二良]/[島田 亜紀]/[武田 憲昭]/学校検診における嗄声の出現率とスポーツ活動/[音声言語医学]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
338474
EOID
962936
Map
0
LastModified
2019年9月10日(火) 17:29:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
武田 憲昭
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 日本語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takahara Yui / (日) 高原 由衣 / (読) たかはら ゆい
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Satoh Kumi / (日) 佐藤 公美 / (読) さとう くみ
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  3. (英) Takeyama Takaaki / (日) 竹山 孝明 / (読) たけやま たかあき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  4. (英) Sakamoto Yuki / (日) 坂本 幸 / (読) さかもと ゆき
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. (英) Aoki Toshihito / (日) 青木 俊仁 / (読) あおき としひと
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (日) 伊藤 美幸
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (日) 池田 美穂
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (日) 田上 真希
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (日) 吉田 充嬉
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. (日) 岡田 規秀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 宇高 二良(宇高耳鼻咽喉科医院)
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 島田 亜紀
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  13. 武田 憲昭([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.耳鼻咽喉科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Hoarseness in Children and its Relation to Sports Activities:-A Cross-Sectional Study based on Speech Disorders Detected in School Health Checks of the ENT Region-

(日) 学校検診における嗄声の出現率とスポーツ活動

副題 任意
要約 任意

(英) <p>In the present study, we examined the relationship between prevalence of hoarseness and sports activities in 1,384 children who received health checks at their elementary or junior high schools. The prevalence of hoarseness was higher in boys (17.7%) than in girls (5.2%). At the elementary school level, boys had higher risk of hoarseness than girls. The prevalence of hoarseness in boys was high until the third grade and then turned to a decreasing trend. In girls, the prevalence of hoarseness was high until the second grade, here again followed by a decreasing trend, but at the junior high school level their rate turned high again in second and third year students. With senior elementary school boys, the prevalence of hoarseness was 21.2% with sports activities and 4.9% without sports activities, and was significantly higher than the corresponding 5.8% with sports and 0.6% without sports in senior elementary school girls. In junior elementary school boys, baseball was accompanied by a significantly high risk of hoarseness (odds ratio: 2.88), while in senior elementary school boys, playing baseball (odds ratio: 2.92) or soccer (odds ratio: 2.29) brought significant high risk of hoarseness. These results suggest that outdoor team sports associated with strong glottal closure at kicking, batting or vocalizing, such as baseball and soccer, lead to the development of hoarseness in elementary school boys. We concluded that voice hygiene education is needed for boys who play baseball or soccer to prevent the development of hoarseness.</p>

(日) <p>小中学校の耳鼻咽喉科定期健康診断を受診した1384名について,嗄声の出現率とスポーツ活動との関連を検討した.嗄声の出現率は,女児(5.2%)に比べて男児(17.7%)が高く,男児は小学校3年生まで高く4年生以降に減少し,女児は小学校2年生まで高く以降減少したが中学校2,3年生では高かった.小学校の高学年ではスポーツ活動を行っていない児童(男児4.9%,女児0.6%)に比べて,スポーツ活動を行っている児童(男児21.2%,女児5.8%)は嗄声の出現率が有意に高かった.スポーツの種類と嗄声とのオッズ比は,男児の小学校低学年の野球が2.88,小学校高学年でサッカー2.29,野球2.92で高く,強い声門閉鎖を伴う屋外の団体スポーツであることが要因と考えられた.小学校の男児に野球やサッカーを行わせる場合には,声の衛生を行い嗄声の予防が必要である.中学生は,対象者を増やして再検討が必要である.</p>

キーワード 推奨
  1. (英) health check of the ENT region at school / (日) 学校健診
  2. (英) hoarseness / (日) 嗄声
  3. (英) sports activity / (日) スポーツ活動
発行所 推奨 (英) The Japan Society of Logopedics and Phoniatrics / (日) 日本音声言語医学会
誌名 必須 音声言語医学(日本音声言語医学会)
(pISSN: 1884-3646, eISSN: 0030-2813)
ISSN 任意 0030-2813
ISSN: 0030-2813 (pISSN: 0030-2813, eISSN: 1884-3646)
Title: 音声言語医学
Supplier: 日本音声言語医学会
Publisher: Japan Society of Logopedics and Phoniatrics
 (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 58
必須 4
必須 326 332
都市 任意
年月日 必須 2017年 10月 20日
URL 任意 https://ci.nii.ac.jp/naid/130006177892/
DOI 任意 10.5112/jjlp.58.326    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意 130006177892
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意