徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [近久 幸子]/Harada Saki/[清水 紀之]/[志内 哲也]/Otsuka Airi/Nishino Seiji/[勢井 宏義]/Mast cell involvement in glucose tolerance impairment caused by chronic mild stress with sleep disturbance./[Scientific Reports]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
337302
EOID
936562
Map
0
LastModified
2018年12月13日(木) 16:23:38
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
近久 幸子
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 近久 幸子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Harada Saki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《原田 紗希 (Harada Saki) @ 医学部 [学部学生] 2010年4月〜2016年3月》
    《原田 匡樹 (Harada Masaki) @ 工学部 [特別聴講学生] 2011年10月〜2012年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. 清水 紀之
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 志内 哲也([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Otsuka Airi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《大塚 愛理 (Otsuka Airi) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2015年4月〜2019年3月》
    《大塚 愛理 (Otsuka Airi) @ 栄養生命科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2013年4月〜2015年3月》
    《大塚 愛理 (Otsuka Airi) @ 医学部 [学部学生] 2009年4月〜2013年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  6. (英) Nishino Seiji
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 勢井 宏義([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.統合生理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Mast cell involvement in glucose tolerance impairment caused by chronic mild stress with sleep disturbance.

副題 任意
要約 任意

(英) We have developed a chronic mild stress (MS) mouse model by simply rearing mice on a wire net for 3 weeks and investigated the effects of MS on glucose homeostasis and sleep. MS mice showed impaired glucose tolerance and disturbed sleep. One-week treatment with a histamine H1 receptor antagonist (H1RA) ameliorated the glucose intolerance and improved sleep quality in MS mice. MS mice showed an increased number of mast cells in both adipose tissue and the brain. Inhibition of mast cell function ameliorated the impairment in both glucose tolerance and sleep. Together, these findings indicate that mast cells may represent an important pathophysiological mediator in sleep and energy homeostasis.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Scientific Reports([Nature Publishing Group])
(eISSN: 2045-2322)
ISSN 任意 2045-2322
ISSN: 2045-2322 (eISSN: 2045-2322)
Title: Scientific reports
Title(ISO): Sci Rep
Publisher: Nature Publishing Group
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 7
必須 1
必須 ---
都市 任意
年月日 必須 2017年 10月 20日
URL 任意
DOI 任意 10.1038/s41598-017-14162-w    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29057915    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85032017812
機関リポジトリ 112403
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article