徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [岩浅 亮彦]/[堀内 信也]/[木内 奈央]/[井澤 俊]/[日浅 雅博]/[川合 暢彦]/[泰江 章博]/Hassan Ali H/[田中 栄二]/Skeletal anchorage for intrusion of bimaxillary molars in a patient with skeletal open bite and temporomandibular disorders./[Journal of Orthodontic Science]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
336277
EOID
929444
Map
0
LastModified
2018年10月29日(月) 18:14:00
Operator
岩浅 亮彦
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
  2. 徳島大学.病院.診療科.矯正歯科(2003年10月1日〜)
著者 必須
  1. 岩浅 亮彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 木内 奈央
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 井澤 俊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 日浅 雅博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 川合 暢彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 泰江 章博([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Hassan Ali H
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Skeletal anchorage for intrusion of bimaxillary molars in a patient with skeletal open bite and temporomandibular disorders.

副題 任意
要約 任意

(英) The treatment of severe skeletal anterior open bite is extremely difficult in adults, and orthognathic surgery is generally selected for its treatment. We report the case of an 18-year-old adult patient with skeletal anterior open bite and temporomandibular disorders who was successfully treated using temporary anchorage devices. She had an open bite of -2.0 mm and an increased facial height. Miniplates were implanted in both the maxilla and mandible, and molar intrusion resulted in counterclockwise rotation of the mandible over a period of 12 months. After active treatment, her upper and lower first molars were intruded by approximately 2 mm and her overbite became +2.5 mm. Her retrognathic profile improved with counterclockwise rotation of the mandible. Orthodontic treatment aided with skeletal anchorage is beneficial for intrusion of bimaxillary molars in patients with anterior open bite.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Orthodontic Science(Saudi Orthodontic Society)
(pISSN: 2278-0203, eISSN: 2278-1897)
ISSN 任意 2278-1897
ISSN: 2278-1897 (pISSN: 2278-1897, eISSN: 2278-0203)
Title: Journal of orthodontic science
Title(ISO): J Orthod Sci
Publisher: Medknow Publications
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 6
必須 4
必須 152 158
都市 任意
年月日 必須 2017年 12月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.4103/jos.JOS_63_17    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29119097    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article

    (日) 9. Iwasa A, Horiuchi S, Kinouchi N, Izawa T, Hiasa M, Kawai N, Yasue A, Hassan AH, Tanaka E* (2017). Skeletal anchorage for intrusion of bimaxillary molars in a patient with skeletal open bite and temporomandibular disorders. Journal of Orthodontic Science 6(4):152-158, Oct. PMID: 29119097