徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [木内 奈央]/[堀内 信也]/[泰江 章博]/黒田 優子/[川合 暢彦]/[渡邉 佳一郎]/[井澤 俊]/[橋本 一郎]/Hassan Ali H/[田中 栄二]/Effectiveness of presurgical nasoalveolar molding therapy on unilateral cleft lip nasal deformity./[Saudi Medical Journal]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
336274
EOID
893386
Map
0
LastModified
2018年3月15日(木) 19:49:01
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
田中 栄二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.病院.診療科.矯正歯科(2003年10月1日〜)
  2. 徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学(2015年4月1日〜)
著者 必須
  1. 木内 奈央
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 堀内 信也([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 泰江 章博([徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Kuroda Yuko / (日) 黒田 優子
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《黒田 優子 (Kuroda Yuko) @ 口腔科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2009年4月〜2013年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  5. 川合 暢彦
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 渡邉 佳一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学]/[徳島大学.病院.診療科.矯正歯科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 井澤 俊
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 橋本 一郎([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.形成外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. (英) Hassan Ali H
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 田中 栄二([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.歯学域.口腔科学部門.臨床歯学系.口腔顎顔面矯正学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Effectiveness of presurgical nasoalveolar molding therapy on unilateral cleft lip nasal deformity.

副題 任意
要約 任意

(日) To evaluate the effectiveness of pre-surgical nasoalveolar molding (PNAM) in patients with unilateral cleft lip nasal deformities. Methods: This was a retrospective study involving 29 patients with unilateral cleft lip and palate defects, of whom 13 were treated with palatal devices with nasal stents (PNAM group) and 16 were treated with palatal devices without nasal stents or surgical tapes (control group). Submental oblique photographs and orthodontic models were longitudinally obtained at the initial visit (T1) and immediately before (T2) and after cheiloplasty (T3). Asymmetry of the external nose, degree of columellar shifting, nasal tip/ala nose ratio, nasal base angle, interalveolar gap, and the sagittal difference in the alveolar gap were measured. The study was conducted in the Orthodontic Clinic at Tokushima University Hospital, Tokushima, Japan between 1997 and 2012. Results: At T1, there were no significant intergroup differences in the first 4 asymmetry parameters. At T2, the PNAM group showed a significant improvement in all values compared to the control group. At T3, the PNAM group showed significant improvement in nasal asymmetry and columellar shifting. Model analysis showed significantly greater changes in the inter-alveolar gap and the sagittal difference of the alveolar cleft gap from T1 to T2 in the PNAM group. Conclusion: The use of PNAM is indispensable for pre-surgical orthodontic treatment at the early postnatal age.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Saudi Medical Journal(Riyadh Al-Kharj Hospital Programme (Saudi Arabia))
(pISSN: 0379-5284)
ISSN 任意 0379-5284
ISSN: 0379-5284 (pISSN: 0379-5284, eISSN: 1658-3175)
Title: Saudi medical journal
Title(ISO): Saudi Med J
Publisher: Saudi Arabian Armed Forces Ministry of Defence and Activation
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 39
必須 2
必須 169 178
都市 任意
年月日 必須 2018年 2月 初日
URL 任意
DOI 任意 10.15537/smj.2018.2.21020    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29436566    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article