徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [山下 一太]/[酒井 紀典]/[髙田 洋一郎]/[林 二三男]/[手束 文威]/Morimoto Masatoshi/Kinoshita Yutaka/[長町 顕弘]/[千川 隆志]/[米津 浩]/[東野 恒作]/Sakamaki Tadanori/[西良 浩一]/Utility of STIR-MRI in Detecting the Pain Generator in Asymmetric Bilateral Pars Fracture: A Report of 5 Cases./[Neurologia Medico-Chirurgica]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
335913
EOID
915555
Map
0
LastModified
2018年7月27日(金) 11:48:42
Operator
西良 浩一
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
西良 浩一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 山下 一太([徳島大学.病院.診療科.感覚·皮膚·運動機能科.整形外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. 酒井 紀典([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).地域運動器・スポーツ医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 髙田 洋一郎
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 林 二三男
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  5. 手束 文威([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  6. (英) Morimoto Masatoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  7. (英) Kinoshita Yutaka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  8. 長町 顕弘
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 千川 隆志
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 米津 浩
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 東野 恒作
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. (英) Sakamaki Tadanori
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 西良 浩一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.運動機能外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Utility of STIR-MRI in Detecting the Pain Generator in Asymmetric Bilateral Pars Fracture: A Report of 5 Cases.

副題 任意
要約 任意

(英) Lumbar spondylolysis usually occurs as a stress fracture in the pars interarticularis of the vertebra. It is a prevalent sports-related disorder and a common cause of low back pain. We encountered five athletes (4 males, 1 female) with severe low back pain. Mean age was 14.5 years. All five patients were found to have bilateral pars fracture. In all cases, staging based on the findings from computed tomography scan of the right and left pars fracture was different. On short tau inversion recovery magnetic resonance imaging (STIR-MRI) of the comparatively newer more recently injured side, high signal intensity changes were obvious and dominant at the intra- and extraosseous area, which would indicate tissue edema and/or bleeding. Furthermore, the imaging findings corresponded to the side of the low back pain. In conclusion, STIR-MRI can effectively distinguish between painful pars fracture and painless pars fracture.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Neurologia Medico-Chirurgica(日本脳神経外科学会)
(pISSN: 0470-8105, eISSN: 1349-8029)
ISSN 任意 1349-8029
ISSN: 0470-8105 (pISSN: 0470-8105, eISSN: 1349-8029)
Title: Neurologia medico-chirurgica
Title(ISO): Neurol Med Chir (Tokyo)
Supplier: 社団法人日本脳神経外科学会
Publisher: Japan Neurosurgical Society/Nihon No Shinkei Geka Gakkai
 (NLM Catalog  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (Webcat Plus  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 58
必須 2
必須 91 95
都市 任意
年月日 必須 2017年 12月 25日
URL 任意
DOI 任意 10.2176/nmc.cr.2017-0123    (→Scopusで検索)
PMID 任意 29276206    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article