徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Mohammad Firdaus Ani/Wan Hasrulnizam Wan Mahmood/Mohamad Minhat/Seri Rahayu Kamat/[福見 稔]/運転行動の危険度分析のための運転疲労ひずみ指数の開発/Proceedings of 2017 International Conference on Electrical, Electronics and System Engineering (ICEESE 2017)

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
334807
EOID
947901
Map
0
LastModified
2019年6月6日(木) 11:22:10
Operator
三好 小文
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福見 稔
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 国際会議
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
  1. 徳島大学.大学院社会産業理工学研究部(2017年4月1日〜)
  2. Universiti Teknikal Malaysia Melaka
著者 必須
  1. (英) Mohammad Firdaus Ani
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨 ****
  2. (英) Wan Hasrulnizam Wan Mahmood
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Mohamad Minhat
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Seri Rahayu Kamat
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 福見 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.知能工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.知能工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Development of Driving Fatigue Strain Index to Analyze Risk Levels of Driving Activity

(日) 運転行動の危険度分析のための運転疲労ひずみ指数の開発

副題 任意
要約 任意

(英) Driving activity has become more important as this medium being practically, faster and cheaper in connecting human from one to another place. However, driving activity can cause disaster or death to human in daily life as they get fatigued while driving. Driver fatigue is a top contributor to the road crashes. The primary objective of this study was to develop a driving fatigue strain index (DFSI), to quantify the risk levels caused by driving activity, and proposed solution in minimizing the number of road accidents caused by driving fatigue. The development of DFSI is based on risk factors associated with driving activity such as muscle activity, heart rate, hand grip force, seat pressure distribution, whole-body vibration, and driving duration. All risk factors were assigned with multipliers, and the DFSI was the output or result of those multipliers. The development of DFSI is essential to analyze the risk factors that would contribute significantly to discomfort and fatigue associated with driving. Besides, in the future this index has a capability to recommend alternative solutions to minimize fatigue while driving.

(日) 本国際会議論文の主な目的は,運転習慣による危険度を定量化する運転疲労ひずみ指数(DFSI)を開発することと,運転疲労によって引き起こされる道路事故の数を最小にする提案された解決策である. DFSIの発達は,筋肉活動,心拍数,ハンドグリップ力,シート圧力分布,全身振動,および運転期間などの運転活動に関連する危険因子に基づく.すべてのリスク要因には乗数が割り当てられ,DFSIはそれらの乗数の出力または結果であった. DFSIの開発は,運転に伴う不快感や疲労に大きく寄与するリスク要因を分析するために不可欠である.さらに,今後,この指標は,運転中の疲労を最小限に抑えるための代替ソリューションを推奨する機能を備えている.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 (英) Proceedings of 2017 International Conference on Electrical, Electronics and System Engineering (ICEESE 2017)
ISSN 任意
必須
必須
必須 95 99
都市 必須 金沢(Kanazawa/[日本国])
年月日 必須 2017年 11月 9日
URL 任意
DOI 任意 10.1109/ICEESE.2017.8298384    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85050488602
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意