徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: Takashi Yuichi/Kinoshita Yuka/Ito Nobuaki/Taguchi Manabu/Takahashi Masaaki/Egami Naoya/Tajima Shogo/Nangaku Masaomi/[福本 誠二]/Tumor-induced Osteomalacia Caused by a Parotid Tumor./[Internal Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
334754
EOID
894668
Map
0
LastModified
2018年3月23日(金) 17:33:28
Operator
福本 誠二
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福本 誠二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Takashi Yuichi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kinoshita Yuka
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. (英) Ito Nobuaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. (英) Taguchi Manabu
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. (英) Takahashi Masaaki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Egami Naoya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. (英) Tajima Shogo
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. (英) Nangaku Masaomi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 福本 誠二([徳島大学.先端酵素学研究所.基幹研究部門])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Tumor-induced Osteomalacia Caused by a Parotid Tumor.

副題 任意
要約 任意

(英) A 77-year-old man was suspected of having tumor-induced osteomalacia (TIO) because of hypophosphatemia (1.9 mg/dL) and elevated serum fibroblast growth factor 23 (FGF23) level (186.9 pg/mL). We detected a tumor in his left parotid gland, and the FGF23 level in the left external jugular vein indicated that the tumor overproduced FGF23. After the removal of the tumor, the serum FGF23 level rapidly decreased, and the serum phosphate normalized. This is the first case of TIO caused by a tumor in a parotid gland. This case indicates that the responsible tumors for TIO can be quite diverse.

キーワード 推奨
  1. (英) Aged
  2. (英) Biomarkers, Tumor
  3. (英) Fibroblast Growth Factors
  4. (英) Humans
  5. (英) Hypophosphatemia
  6. (英) Magnetic Resonance Imaging
  7. (英) Male
  8. (英) Neoplasms, Connective Tissue
  9. (英) Paraneoplastic Syndromes
  10. (英) Parotid Neoplasms
  11. (英) Positron Emission Tomography Computed Tomography
  12. (英) Radionuclide Imaging
発行所 推奨
誌名 必須 Internal Medicine([社団法人 日本内科学会])
(pISSN: 0918-2918, eISSN: 1349-7235)
ISSN 任意 1349-7235
ISSN: 0918-2918 (pISSN: 0918-2918, eISSN: 1349-7235)
Title: Internal medicine (Tokyo, Japan)
Title(ISO): Intern Med
Supplier: 一般社団法人 日本内科学会
Publisher: Japanese Society of Internal Medicine/Nihon Naika Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 56
必須 5
必須 535 539
都市 任意
年月日 必須 2017年 3月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.2169/internalmedicine.56.7565    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28250301    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2169/internalmedicine.56.7565

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Case Reports

  3. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  4. (英) SupplMeshList.SupplMeshName: Oncogenic osteomalacia