徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [倉橋 清衛]/[遠藤 逸朗]/[近藤 剛史]/[森本 佳奈]/[吉田 守美子]/[黒田 暁生]/[粟飯原 賢一]/[松久 宗英]/[中島 公平]/[溝渕 佳史]/[永廣 信治]/[安倍 正博]/[福本 誠二]/Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review./[Internal Medicine]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
334748
EOID
927489
Map
0
LastModified
2018年10月12日(金) 14:45:06
Operator
三木 ちひろ
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
福本 誠二
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 倉橋 清衛([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学]/[徳島大学.病院.診療科.内科.内分泌・代謝内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. 遠藤 逸朗([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.保健科学域.保健科学部門.医用検査学系.生体機能解析学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 近藤 剛史
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 森本 佳奈
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 吉田 守美子([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. 黒田 暁生([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  7. 粟飯原 賢一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.連携研究部門(医学域).寄附講座系(医学域).糖尿病・代謝疾患治療医学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 松久 宗英([徳島大学.先端酵素学研究所.糖尿病臨床・研究開発領域]/徳島大学病院アンチエイジングセンター センター長(併任))
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 中島 公平([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.先端臨床医学教育研究プロジェクト]/[徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.外科系.脳神経外科学]/[徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.脳神経外科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 溝渕 佳史([徳島大学.病院.診療科.脳·神経·精神科.脳神経外科]/[脳神経外科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 永廣 信治
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 安倍 正博([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.血液・内分泌代謝内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 福本 誠二([徳島大学.先端酵素学研究所.オープンイノベーション領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Remarkable Shrinkage of a Growth Hormone (GH)-secreting Macroadenoma Induced by Somatostatin Analogue Administration: A Case Report and Literature Review.

副題 任意
要約 任意

(英) Acromegaly is caused by excessive growth hormone secretion, usually from pituitary adenomas. Somoatostatin analogues are widely used as primary or adjunctive therapy in the management of acromegaly. In this report, we present a case with remarkable shrinkage of a tumor after relatively short-term octreotide long-acting release (LAR) administration. During the 30-month follow-up after starting octreotide LAR, there was no recurrence of acromegaly with remarkable shrinkage of the tumor on pituitary magnetic resonance imaging. A literature review of the predictors for tumor shrinkage after the administration of somatostatin analogues in patients with acromegaly is also discussed in relation to this case.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Internal Medicine([社団法人 日本内科学会])
(pISSN: 0918-2918, eISSN: 1349-7235)
ISSN 任意 1349-7235
ISSN: 0918-2918 (pISSN: 0918-2918, eISSN: 1349-7235)
Title: Internal medicine (Tokyo, Japan)
Title(ISO): Intern. Med.
Supplier: 一般社団法人 日本内科学会
Publisher: Japanese Society of Internal Medicine/Nihon Naika Gakkai
 (NLM Catalog  (医中誌Web  (J-STAGE  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 56
必須 18
必須 2455 2461
都市 任意
年月日 必須 2017年 8月 21日
URL 任意
DOI 任意 10.2169/internalmedicine.8223-16    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28824054    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意 2-s2.0-85029653591
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) Article.ELocationID: 10.2169/internalmedicine.8223-16

  2. (英) Article.PublicationTypeList.PublicationType: Journal Article

  3. (英) KeywordList.Keyword: GH-secreting macroadenoma

  4. (英) KeywordList.Keyword: remarkable shrinkage

  5. (英) KeywordList.Keyword: somatostatin analogue