徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: 張 国棟/Peiling Jiang/[松本 和幸]/[吉田 稔]/[北 研二]/An Improvement of Pedestrian Detection Method with Multiple Resolutions/[Journal of Computer and Communications]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
334010
EOID
911971
Map
0
LastModified
2018年7月2日(月) 13:52:50
Operator
大家 隆弘
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
松本 和幸
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨 Peer Review
カテゴリ 推奨 研究
共著種別 推奨 国際共著(徳島大学内研究者と国外研究機関所属研究者との共同研究)
学究種別 推奨 研究生による研究報告
組織 推奨
著者 必須
  1. (英) Guodong Zhang / (日) 張 国棟
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《張 国棟 (Zhang Guodong) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [研究生] 2016年4月〜2017年3月》
    《張 国棟 (Zhang Guodong) @ 先端技術科学教育部.博士後期課程 [大学院学生] 2009年4月〜2016年3月》
    《張 国棟 (GUODONG ZHANG) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2007年4月〜2009年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  2. (英) Peiling Jiang
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  3. 松本 和幸([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  4. 吉田 稔([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 北 研二([徳島大学.大学院社会産業理工学研究部.理工学域.知能情報系.情報工学分野]/[徳島大学.理工学部.理工学科.情報光システムコース.情報工学講座])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) An Improvement of Pedestrian Detection Method with Multiple Resolutions

副題 任意
要約 任意

(英) In object detection, detecting an object with 100 pixels is substantially different from detecting an object with 10 pixels. Many object detection algorithms assume that the pedestrian scale is fixed during detection, such as the DPM detector. However, detectors often give rise to different detection effects under the circumstance of different scales. If a detector is used to perform pedestrian detection in different scales, the accuracy of pedestrian detection could be improved. A multi-resolution DPM pedestrian detection algorithm is proposedin this paper. During the stage of model training, a resolution factor is added to a set of hidden variables of a latent SVM model. Then, in the stage of detection, a standard DPM model is used for the high resolution objects and a rigid template is adopted in case of the low resolution objects. In our experiments, we find that in case of low resolution objects the detection accuracy of a standard DPM model is lower than that of a rigid template. In Caltech, the omission ratio of a multi-resolution DPM detector is 52% with 1 false positive per image (1FPPI); and the omission ratio rises to 59% (1FPPI) as far as a standard DPM detector is concerned. In the large-scale sample set of Caltech, the omission ratios given by the multi-resolution and the standard DPM detectors are 18% (1FPPI) and 26% (1FPPI), respectively.

キーワード 推奨
  1. (英) Deformable Part Model
  2. (英) Pedestrian Detection
  3. (英) Multi-Resolution
  4. (英) Latent SVM
発行所 推奨 (英) Science Research Publishing
誌名 必須 Journal of Computer and Communications(Scientific Research Publishing Inc.)
(pISSN: 2327-5219, eISSN: 2327-5227)
ISSN 任意 2327-5219
ISSN: 2327-5219 (pISSN: 2327-5219, eISSN: 2327-5227)
Title: Journal of Computer and Communications
Publisher: "Scientific Research Publishing, Inc."
 (CrossRef (No Scopus information.)
必須 5
必須 9
必須 102 116
都市 任意
年月日 必須 2017年 7月 17日
URL 任意 http://file.scirp.org/Html/5-8701297_46063.htm
DOI 任意 10.4236/jcc.2017.59007    (→Scopusで検索)
PMID 任意
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意