徳島大学 教育・研究者情報データベース(EDB)

Education and Research Database (EDB), Tokushima University

徳島大学ウェブサイトへのリンク

著作: [西嶋 仁]/Kajimoto Tatsuya/Matsuoka Yoshiki/[毛利 安宏]/[森本 純子]/Matsumoto Minoru/[河野 弘]/[西岡 安彦]/[上原 久典]/[泉 啓介]/[常山 幸一]/[岡崎 一美]/[岡崎 拓]/Hosomichi Kazuyoshi/Shiraki Ayako/Shibutani Makoto/Mitsumori Kunitoshi/[松本 満]/Paradoxical development of polymyositis-like autoimmunity through augmented expression of autoimmune regulator (AIRE)./[Journal of Autoimmunity]

ヘルプを読む

「著作」(著作(著書,論文,レター,国際会議など))は,研究業績にかかる著作(著書,論文,レター,国際会議など)を登録するテーブルです. (この情報が属するテーブルの詳細な定義を見る)

  • 項目名の部分にマウスカーソルを置いて少し待つと,項目の簡単な説明がツールチップ表示されます.

この情報をEDB閲覧画面で開く

EID
333662
EOID
933021
Map
0
LastModified
2018年11月29日(木) 11:56:48
Operator
[ADMIN]
Avail
TRUE
Censor
0
Owner
常山 幸一
Read
継承
Write
継承
Delete
継承
種別 必須 学術論文(審査論文)
言語 必須 英語
招待 推奨
審査 推奨
カテゴリ 推奨
共著種別 推奨
学究種別 推奨
組織 推奨
著者 必須
  1. 西嶋 仁([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  2. (英) Kajimoto Tatsuya
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《梶本 達也 (Kajimoto Tatsuya) @ 医学部 [学部学生] 2011年4月〜2018年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  3. (英) Matsuoka Yoshiki
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《松岡 慶樹 (Matsuoka Yoshiki) @ 医学部 [学部学生] 2013年4月〜2019年3月》
    《松岡 慶樹 (Matsuoka Yoshiki) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2015年4月〜2019年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  4. 毛利 安宏([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.生理系.生化学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  5. 森本 純子([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  6. (英) Matsumoto Minoru
    データベース中に適合する可能性のある以下の情報を発見しました
    [個人] 松本 穣 ([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.疾患病理学])
    この情報が上記に掲げた個人の業績等に分類されるためには参照登録が必要です.上記に掲げた個人本人に該当する場合には参照登録に変更してください.
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
    適合する可能性のある以下の学生情報を発見しました
    《松本 稔 (Matsumoto Minoru) @ 先端技術科学教育部.博士前期課程 [大学院学生] 2018年4月〜》
    《松本 穣 (Matsumoto Minoru) @ 医科学教育部.博士課程 [大学院学生] 2017年4月〜》
    《松本 稔 (Matsumoto Minoru) @ 工学部 [学部学生(夜間)] 2014年4月〜2018年3月》
    《松本 穣 (Matsumoto Minoru) @ 医学部 [学部学生] 2009年4月〜2015年3月》
    この情報が学生所属組織の業績等に分類されるためには学籍番号の登録が必要です.テキスト記載の個人が上記に掲げた個人本人ならば,学籍番号の登録を行ってください.(編集画面では学籍番号が表示されます)
  7. 河野 弘([徳島大学.病院.診療科.内科.呼吸器・膠原病内科])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  8. 西岡 安彦([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.内科系.呼吸器・膠原病内科学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  9. 上原 久典([徳島大学.病院.中央診療施設等.病理部])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  10. 泉 啓介
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  11. 常山 幸一([徳島大学.大学院医歯薬学研究部.医学域.医科学部門.病理系.疾患病理学])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  12. 岡崎 一美([徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  13. 岡崎 拓([徳島大学.先端酵素学研究所.プロテオゲノム研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  14. (英) Hosomichi Kazuyoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  15. (英) Shiraki Ayako
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  16. (英) Shibutani Makoto
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  17. (英) Mitsumori Kunitoshi
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
  18. 松本 満([徳島大学.先端酵素学研究所.次世代酵素学研究領域])
    役割 任意
    貢献度 任意
    学籍番号 推奨
題名 必須

(英) Paradoxical development of polymyositis-like autoimmunity through augmented expression of autoimmune regulator (AIRE).

副題 任意
要約 任意

(英) Autoimmunity is prevented by the function of the autoimmune regulator [AIRE (Aire in mice)], which promotes the expression of a wide variety of tissue-restricted antigens (TRAs) from medullary thymic epithelial cells (mTECs) and from a subset of peripheral antigen-presenting cells (APCs). We examined the effect of additive expression of human AIRE (huAIRE) in a model of autoimmune diabetes in NOD mice. Unexpectedly, we observed that mice expressing augmented AIRE/Aire developed muscle-specific autoimmunity associated with incomplete maturation of mTECs together with impaired expression of Aire-dependent TRAs. This led to failure of deletion of autoreactive T cells together with dramatically reduced production of regulatory T cells in the thymus. In peripheral APCs, expression of costimulatory molecules was augmented. We suggest that levels of Aire expression need to be tightly controlled for maintenance of immunological tolerance. Our results also highlight the importance of coordinated action between central tolerance and peripheral tolerance under the common control of Aire.

キーワード 推奨
発行所 推奨
誌名 必須 Journal of Autoimmunity([Elsevier])
(pISSN: 0896-8411, eISSN: 1095-9157)
ISSN 任意 1095-9157
ISSN: 0896-8411 (pISSN: 0896-8411, eISSN: 1095-9157)
Title: Journal of autoimmunity
Title(ISO): J. Autoimmun.
Publisher: Elsevier Inc.
 (NLM Catalog  (Scopus  (CrossRef (Scopus information is found. [need login])
必須 86
必須 ---
必須 75 92
都市 任意
年月日 必須 2018年 1月 1日
URL 任意
DOI 任意 10.1016/j.jaut.2017.09.006    (→Scopusで検索)
PMID 任意 28931462    (→Scopusで検索)
NAID 任意
WOS 任意
Scopus 任意
機関リポジトリ 112347
評価値 任意
被引用数 任意
指導教員 推奨
備考 任意
  1. (英) PublicationType: Journal Article